【高嶺の花】を手短にご紹介

まあまあ(70~79点)

おすすめ度:75点(まあまあ)

ズバッと内容:華道の家元の光と影。ドロドロなの?

『高嶺の花』(たかねのはな)は2018年夏、日テレ系、毎週水曜夜10時に放送されました。主演は、石原さとみさんです。 評判倒れ感がありましたが、最終回は上手くまとまっていた。

他の出演者(敬称略)は、峯田和伸、高橋ひかる、吉田ウーロン太、田畑志真、袴田吉彦、笛木優子、城後光義、舘秀々輝、十朱幸代、香理奈、小日向文世、戸田菜穂、升毅、芳根京子、千葉雄大、大貫勇輔、庄司照枝、庄司花江です。

スポンサーリンク

内容

華道の名門である月島流家元の長女・月島ももは気が強く、わがままな才女です。容姿は美しく華道の才能にも恵まれ、普通の人とは別世界で生活をしていました。しかし、そんな彼女が婚約者に裏切られ結婚が破談となったところから人生が変わり始めます。

ももはやけになって自転車をこ走らせていたら、思いっきりこけました。通りかかった自転車屋に入るとももは、穏やかでお人好しな風間直人と出会います。彼のあだ名は”ぷーさん”。あだ名からして少しボーとしている直人が想像できます。

自転車を直し終えたももは店を去り、再び直人と再会したのが、ももがやけになって、憂さ晴らしでアルバイトをしていたキャバクラでした。直人は商店街の悪友に連れられていったのでした。

直人のおっとりな性格にやや魅かれ始めていたももは直人に接近します。その頃は、直人はももの素性を知りませんでした。

しかし、物語が進むにつれて、ももは直人にとって高嶺の花の人だと知ります。気晴らしに遊ばれていただけだったと考える場面もありました。

直人は世界の違いに気おくれするところもありましたが、ストレートな直人の行動は心打つものがありました。

このドラマではもう一つの物語あります。その物語は、引きこもりだった中学生・堀江壮太の自転車に乗っての日本一周?チャレンジでした。

壮太は直人に薦められて自分を変えるために自転車で旅をすることになります。壮太は旅先で苦難を乗り越えながら、ある時には、大声で叫びながら自転車をこいで、成長していきます。

”直人とももの物語”と”壮太の物語”が重なり合い、直人とももの恋も障害を乗り越えていきます。そして、直人にはもう一人の美女、大病院のお嬢様・新庄千秋が現れます。

物語の途中でももが直人から離れている間に、直人はよく行く図書館で千秋と出会います。ももと千秋と直人の三角関係が終盤の見どころとなります。

最終回では、家元を継ぎ、直人とも別れることとなりかけたももの心でしたが、直人への想いを断ち切ることが出来ずに、家を出て、別流派を立ち上げる事となって、直人と結ばれハッピーエンドとなりました。

登場人物

月島もも – 石原さとみ

 

月島もも(つきしまもも)は華道の名門「月島流」の長女であり、家元を継ぐ才能を十分に持つ女性ですが、父・市松の陰謀で婚約者と破断することになりました。その後の風間直人との出会いが彼女の人生をさらに変えていきます。わがままやり放題の令嬢です。生まれについても裏があり、華道家の令嬢としての苦悩に耐えながら人生を歩んでいきます。

風間直人 – 峯田和伸

 

風間直人(かざまなおと)は商店街の自転車店「サイクルショップ カザマ(風間輪店)」の店主で、あだ名は「ぷーさん」です。中学2年のとき父を亡し、母子家庭で育ちました。

母が年老いてからは母の介護をしながら母からいろんな教訓を教わります。その教訓をもとにももや千秋に接します。いたって素直で、純粋な男の人です。男気もあり、周りの人たちからも愛されています。

相関図

生け花ギャラリー

ドラマの中ではたくさんの生け花が登場します。ここではごく一部をご紹介します。残念なことは私が生け花に詳しくないことです。きれいや、ほー、うーんと感じたものを並べてみました。なので、単調な感想しかないので、言葉はなしで画像だけです。ドラマを見るともっとたくさんの奇麗で斬新な命が宿っているような生け花が登場します。

ドラマを見終えて

前半は石原さとみさんの演技が過激すぎて引いてしまうところが多かったです。しかし、よく考えてみると、精神的な不安定な芸術家を凄く上手に演じていることにも気づきました。”芸術は爆発だー”の先入観のせいか、石原さとみさんの演技には芸術家の心が見えました。

そして、堀江壮太の自転車の旅は”日本一周”と書いておきながらどう見ても一周はしていない。しかし、壮太の旅無くしてはこのドラマは語れないのだ・・・。ということにしておこう。壮太の旅で小ドラマを作っても面白いかもしれない。

一番驚いたのは、見た目はぶ男な風間直人がそこまでモテるのか。という事でした。男は見た目ではないことをこのドラマは演じてくれた。峯田和伸さんすみません。

最後はいい終わり方をしたので良かったです。そして、石原さとみさんらしく、華やかな衣装が似合っていて、美しい生け花も見れたドラマでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました