【いつかこの雨がやむ日まで】を手短にご紹介

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:85点(おすすめ)

ズバッと内容:狂気に渦巻くミュージカル劇団

いつかこの雨がやむ日までは2018年夏、フジ系、毎週土曜夜23時40分”大人の土ドラ”枠で放送されました。主演は、渡辺麻友さんです。殺人者の妹としてひっそりと生きていました。ミュージカル女優への夢が彼女の生きる糧でした。

他の主な出演者(敬称略)は吹越満、紺野まひる、宮澤マエ、間慎太郎、筧美和子、堀井慎太、谷川清美、橋爪淳、ミスターちん、京本政樹、三倉茉奈、星野真里、桐山漣、木村祐一、斉藤由貴、斉藤慎二(ジャングルポケット)、遠藤璃菜、田中奏生です。

スポンサーリンク

内容

北園ひかりの兄・國彦がは15年前、恋人のミュージカル女優・矢吹麻美(劇団ウミヘビ所属)を殺害して逮捕されました。それからのひかりの人生は闇でした。ひかりはキャバクラで仕事をしながら精神的に不安定な母・由布子を支え、“殺人犯の妹”として息をひそめるように生きてきました。

ひかりの唯一の心の支えは、ギリギリの生活の中で今も追い続けている、ミュージカル女優になるという夢でした。麻美が所属して、演出家・天竺要(てんじくかなめ)が主宰する「劇団ウミヘビ」で稽古に励んでいる時だけが、ひかりが現実を忘れられるひと時でした。

そんな中、兄・國彦の刑務所から出所しました。ひかりは國彦に家族としての縁を切る事を告げるために会いに行くのですが、その時、國彦から「俺は麻美を殺していない」と告げられました。麻美のために罪をかぶったと言いました。

その後、劇団ウミヘビの女優・花田舞子が殺されます。15年前の麻美の死と、今回起きた舞子の死が物語が進んでいくと繋がっていきます。

また、「ロミオとジュリエット」のジュリエット役が控えていた天竺要の娘・芽衣が練習中に照明が落下してきてケガをします。次々と起こる劇団での不審な事故にさすがの天竺要も公演を中止を決意します。

國彦は矢吹麻美の姉・千尋の家に身をひそめて、麻美の殺害の真犯人を探していました。そして、國彦は殺害された麻美のお腹の子供の父親が天竺要だと聞かされ愕然とします。

麻美の殺害事件の真犯人と思われる者が一転二転する中、15年前の麻美の殺害現場で國彦が殺害現場から逃げていくのを見た子供の頃の谷川和也の記憶が誰かによって誘導されていたことが分かります。和也の記憶が國彦を判にとした決定的状況証拠となっていたのでした。

その記憶のカギとなるのが”雨”でした。矢吹姉妹の父親の政治家・矢吹洋一が警察を買収して操作した疑いも出てきます。最後は驚く展開になります。ひかりは湖のほとりで、「しあわせの歌」を口ずさみます。

登場人物

 

北園 ひかり – 渡辺 麻友

 

北園ひかり(きたぞのひかり)は15年前、ひかりが11才のとき、兄・森村國彦が元恋人の劇団「ウミヘビ」のミュージカル女優・矢吹麻美を殺害したとして逮捕されてからはどん底の人生を送っていました。

しかし、ひかりもミュージカル女優に憧れ、キャバクラで働きながら、劇団「ウミヘビ」に入ります。ひかりはミュージカル女優にることだけを夢見て生きています。國彦の逮捕から心が壊れた母・由布子と暮らしていました。

森村國彦 – 桐山漣

森村國彦(もりむらくにひこ)は15年前料亭たにがわで板前修業中だった國彦は、恋人だった矢吹麻美を殺害した罪で捕まりましたが、國彦は麻美の名誉のためにその罪をかぶっていました。刑務所から出所した國彦は麻美を殺した犯人への復讐のためだけに生きています。復讐のためだけに生きてきた男です。

天竺要 – 吹越満

天竺要(てんじくかなめ)はミュージカル劇団「ウミヘビ」の主宰で演出家です。狂気を内に秘めた男で、作品のためなら少々の卑劣なことは行ります。15年前に殺害された女優・矢吹麻美と肉体関係があり、妊娠させていました。北園ひかりの闇に魅了され、狂気をあらわにし始めます。

相関図

 

ドラマを見終えて

麻美殺害の真犯人が最終話まで全くノーマークの人でした。最後は驚きましたね。盲点でした。意外な展開には面白さを感じました。それにしても、「しあわせの歌」だったか、よくドラマの中で、ひかりが口ずさんでいた歌が印象的でした。何度も聞いたので、メロディーが頭に残りました。歌詞はこちら、ひかりがあまりにも寂しく歌うので引き込まれました。

はじめは、パッとしないドラマでいたが、徐々にハマっていきました。ひかりの母親役の斉藤由貴のとぼけ演技もいい味出してました。ひかりの幼馴染の谷川和也(堀井新太)は最後、亡くなったのかな。生きていてほしいですね。剛田刑事役の木村祐一もいい役柄でした。
ひかりと仲が悪かったキャバクラ店長(斉藤慎二)やキャバ嬢2人、和也の婚約者の三上沙那(筧美和子)も最終話ではいい人になってました。なので、悪人は天竺芽衣と芽衣に殺された花田舞子だったことになりますね。これは意外といいドラマでしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました