【ラジエーションハウス-放射線科の診断レポート-】を手短にご紹介

見てほしい(90点以上)

おすすめ度:90点(見てほしい)

ズバッと内容:天才放射線技師のおかしな初恋?患者の命を救う!

 ラジエーションハウスは2019年春、フジ系、毎週月曜夜9時に放送されました。主演は窪田正孝さんです。子供の頃に”写ルンです”を拾った事がきっかけで、初恋が始まり写真にこだわる男となった天才放射線技師が人を救う。しかし、初恋の相手には忘れられている。

他の主な出演者(敬称略)は、本田翼、広瀬アリス、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、山口沙弥加、遠藤憲一、鈴木伸之、浅野和之、和久井映見です。

スポンサーリンク

内容

毎回、「ここに1枚の〇〇がある・・・」とナレーションが入り物語が始まります。

五十嵐唯織は子供のころレンズ付きフィルム「写ルンです」を拾った事をきっかっけに甘春杏を好きになりました。大人になり唯織は天才放射線技師となって甘春病院に勤務します。放射線技師には医師免許は必要ありませんが、唯織は秘かに医師免許を持っています。その事は一緒に放射線技師として(ラジエーションハウスで)働く仲間たちには内緒にしています。

唯織には初恋の人がいました。その人は甘春病院の前院長の娘・甘春杏でした。杏は放射線科医ですがまだ成長途中の医者です。唯織は杏の診断のフォローや、アドバイスをします。始めは杏から煙たがられていた唯織ですが、徐々に杏からの信頼を得ていきます。

唯織が杏を好きであることに杏は全く気が付きません。子供の頃の唯織の想いでも本当なのか、間違っていないのか最後まではっきりしないのですが、唯織は子供の頃に分かれた自分の初恋の人は杏だと信じています。甘春病院には唯織以外にも杏に好意を持っている人がいます。その人は優秀な整形外科医の辻村駿太郎です。

杏が唯織を信用し始めると辻村が唯織が診断のアドバイスをしていることを指摘します。表向きには唯織は医師免許を持っていないことになっているので、法律違反となります。しかし、辻村も徐々に唯織の診断の正確さに魅了されていきます。辻村もまた恋敵でもある唯織を信頼していきます。

唯織は、レントゲン写真だけでなく、人の行動から見える病気の前兆すら見逃しません。毎回多くの人たちを助けていきます。杏の父である甘春病院の前院長・甘春正一はうつ病となって、院長を退任しました。退任後も症状は改善せんでした。ある時、唯織はふらふらと病院にやってきた正一と会います。五十嵐は正一についても調べ始め、過去に撮ったレントゲン写真とその後の行動から、うつ病ではなく他の病気である可能性を示唆しました。

唯織は正一はうつ病ではなく、髄液が漏れ、脳が垂下する低髄液圧症でだと判断しました。あった。ブラットパッチという方法で治療できることになったが、正一の症状が急変して、緊急手術となりました。

手術を経験した医師がいない中、杏が手術をして、補助には唯織が付きました。しかし、手術中に杏の手が止まります。止むを得なく唯織は医師免許を持っていることを皆に話し、唯織が手術を成功させました。

しかし、マスコミは放射線技師が手術をした医師法違反で騒ぎ立てましす。病院の信用は落ち患者が去っていきます。院内、ラジエーションハウス内でも唯織の医師免許について言葉が出なく、唯織との接し方もわからなくなります。唯織自身も病院に迷惑をかけた事を悩みます。

唯織が甘春総合病院に入るときの、大森渚との約束は、唯織が医師行為をしたら放射線科医として甘春総合病院で働いてもらうことでした。しかし、子供の頃の杏との約束を守るため、唯織は放射線技師を続ける道を選びます。唯織は以前から誘いを受けていたアメリカのピレス教授のもとへ行くことを決心します。

五十嵐はラジエーションハウスの人たちと別れの挨拶をします。そして、みんなが知りたかったことを小野寺技師長が聞きます。「医師免許を持っておきながら、なぜ技師として働いているのか」。すると五十嵐は、「世界一のカメラマンになって、私を助けてねと、幼いころ杏ちゃんと約束したから」「そして、一生懸命勉強してたら、医学部に入っていて、病気に詳しくなるために医師免許をとった」と答えました。皆、唖然とした後、笑うしかありませんでした。

唯織がアメリカに立つとき、杏は五十嵐に、「あなたを超える」と約束しました。その後、みんなが唯織の出発を見送りました。杏は最後まで子供の頃の唯織との約束は思い出しませんでした。

登場人物

五十嵐唯織 – 窪田正孝

 

五十嵐唯織(いがらし・いおり)は写真には必ず”真実”が写ると信じている放射線技師です。アメリカで最も権威ある放射線科医・ピレス医師にから一目を置かれているが、初恋相手である甘春杏が放射線科医として勤務する甘春総合病院で働きます。唯織は医師免許を持っていますが、この事は秘密にして放射線技師として働きます。放射線技師としては越権行為となる診断や医療行為は封印し、診察映像を見て杏にアドバイスして患者の命を救いや病気を治します。

甘春杏 – 本田翼

甘春杏(あまかす・あん)は甘春総合病院の前院長の娘で放射線科医です。唯織との子供の頃の出会いは全く覚えていません。一途に患者を助けたいと思っていますが、上手くいきません。悩み続けながら成長していく医師です。はじめは唯織と意見がぶつかることが多いですが徐々に唯織を信用してい行きます。が、子供の頃の唯織との思い出は忘れたままです。

相関図

 

ドラマを見終えて

普通は医師免許を持たない放射線技師ですが、このドラマでは写真にこだわる五十嵐唯織が患者のためにレベルの高い放射線技師になるため医師免許を取っていました。医療の世界では医者がトップに君臨しているようですが、このドラマでは放射線技師の唯織が一番頼りになっている。医師免許を取ると医者になるという常識の道から外れた唯織の”写真家”としての信念が凄いのですが、ちょっと、とぼけた場面もあって重たさを感じないドラマでした。

最後まで杏が唯織との子供頃の記憶を思いだないところも良かったです。逆に、唯織の記憶があっているのか心配になりました。もしかしたら唯織の勘違いかもしれないですね。それもいいかもしれません。唯織と一緒に働くラジエーションハウスのメンバーもいいのが揃ってました。楽しめたドラマでした。

【ラジエーションハウス】を見るならFODがおすすめ

・フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!

・動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!

・毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイントプレゼント)キャンペーン実施中!

フジ系ドラマを中心に楽しみたいなら、FODがおすすめです。

こちら画像をクリックしていただければ早いです!

FODプレミアム

詳しくはこちらでも紹介しています。

FODをもう少し知りたい

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました