【凪のお暇】を手短にご紹介

まあまあ(70~79点)

おすすめ度:75点(まあまあ)

ズバッと内容:人生の休憩をとる、大人の夏休み

 凪のお暇は2019年夏、TBS系、毎週金曜夜10時に放送されました。主演は黒木華さんです。場の空気を読むことに疲れた、OLの凪が人生をリセットすることに挑戦する。自分を隠さず、ありのままで生きていくことが本当の幸せなのか、それとも人生においてそういう時間が少し必要なだけなのか。お暇を決意した凪のドラマが始です。

スポンサーリンク

内容

オープニング

第一話「アラサー女子が人生リセット」

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の 大島凪 (黒木華) は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み 「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っています。

しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじられ、“良い意味で” のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。そんな 「なんだかなぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) が同僚と話している内容を聞いてしまう。その話がきっかけで、過呼吸になりその場に倒れました。

慎二と同僚の話

今の彼女は冴えなくて、貧乏でだけど、体の相性がいい。結婚なんてありえない。

それをきっかけに 「わたしの人生、これでいいのだろうか…」 と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意します。 会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNS をやめ、携帯も解約。幸せになるために人生のリセットを図りました。自転車と布団だけを持ち再スタートします。

そして東京郊外の何もない六畳一間のボロアパート「エレガンスパレス」に引っ越した凪。コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意します。仕事も、これまでのつながりも、予定もない、誰にも縛られない楽しいはずの自由な生活。しかし、そこには一分の寂しさが脳裏をよぎります。

そんな時、洗濯物が落ちてきたことをきっかけに、2階に住む吉永緑(三田佳子)と知り合いになります。吉永の部屋でゆっくり映画を見ながら、彼女と話をして涙がこぼれる凪。そして、隣に住む安良城ゴンとはベランダに生い茂っていたゴーヤで知り合いになります。

しかし、そこへ我聞慎二が凪を訪ねてきます。凪は慎二が体の関係だけで付き合っていたと思っていて、慎二に別れを告げますが、慎二の方は凪に本気で惚れていましたが、それは表には出せない性格。ボロアパートを舞台に物語が始まります。慎二は本音を言えないまま、凪の部屋を出ていき、雨の中泣きながら、行きつけの飲み屋で酒を飲んで、凪の事を話します。

最終回

最終話「お暇終了」

ゴンから告白された凪ですが、スナックバブルのママ曰く、凪は今、50年に一度のモテキが来ているようです。しかし、凪は逆に悪い事が起きそうと不安になります。そして、その不安は的中します。凪たちが住んでいるエレガンスパレスは9月末で取り壊すことになっていました。凪以外の住人はそのことを知っていたのですが、凪はこの夏引っ越してきたので、契約書の裏の下の方に書いてあったのに気が付いていませんでした。

初めに緑さんがアパートを出ていき、白石親子とゴンも出ていきます。凪は行き場を探すのですが、ゴンと慎二の事もどうにかしないといけない。凪が出した結論は、ゴン、慎二ともにお断りする事でした。

仕事も見つかり、ゴンにお断りを告げ、慎二とは最後に水族館でデートして、デートの最後に慎二をお断りを告げました。最後に凪と慎二はいつもの悪い口で別れを噛みしめるます。

2人と付き合うことを止めた凪ですが、住まいは一旦坂本さんのところに厄介になる予定でした。しかし、坂本さんに彼氏が出来ていてびっくり。坂本さんの彼氏は慎二の兄。行き場をなくした凪は自転車をこいでとりあえず、仕事に行こうとお暇は終了しました。

登場人物

大島凪 – 黒木華

大島凪(おおしま・なぎ)は営業事務として働く真面目でおとなしい会社員でしたが、ある日、突然人生の休憩をとることを決して、すべてを投げ出し、布団と自転車だけで人生を見直します。

我聞慎二 – 高橋一生

我聞慎二(がもん・しんじ)は凪の元彼氏。辞める前は同じ会社の営業部。生意気な言動の一方で気配りを忘れず、得意先の上司に臆することなく人の懐にスッと入り込むことができ、営業成績は常にトップ。会社では完璧なのに、去っていった凪に対しては恐ろしく不器用。凪のアパートからの帰り道で大泣きする姿が何度も目撃されている

安良城ゴン – 中村倫也

安良城ゴン(あらしろ・ごん)はイベントオーガナイザーをやっているという、危険な香りがする隣の部屋の男です。人との距離感ゼロの天性の人たらしで、別名・メンヘラ製造機。誰にでもオープンマインドで、優しくて聞き上手。相手を丸ごと包むような笑顔で、誰しもが彼の作り出すユルくて美味しい空気につい呑まれてしまうという奇跡のモテ男だが・・・。

相関図

ドラマを見終えて

なぜか凪の周りにはたくさん人が集まってくる。ほのぼのしたドラマです。スナック・バブルのママ・中善寺森蔵(武田真治)が面白く、凪と慎二の良き相談相手でもある。

よく慎二が大泣きしながら夜道を歩いているところが目撃され、白石うらら(白鳥玉季)の小学校でも噂になるほどである。

慎二のひん曲がった性格が慎二自身を苦しめる。途中、慎二も1週間お暇を取った時には笑ってしまった。その時のオープニングがこれですね。「慎二のお暇」となってます。

やはり、長い人生、お暇は必要かな~、と考えてしまうドラマでした。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は、黒木華、高橋一生、中村倫也、市川実日子、瀧内公美、大塚千弘、藤本泉、水谷果穂、唐田えりか、白鳥玉季、中田クルミ、谷恭輔、田本清嵐、モクタール、松永拓野、ファーストサマーウイカ、片平なぎさ、武田真治、吉田羊、三田佳子です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました