【同期のサクラ】を手短にご紹介

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:87点(おすすめ)

ズバッと内容:こんな素晴らしい同期がいると人生変わるかも!

 同期のサクラは2019年秋、日テレ系、毎週水曜よる10時に放送されました。主演は高畑充希さんです。美咲島に橋をかけることを夢見て、東京の花村建設に入社した北野サクラの物語。空気は読めなく、不器用なサクラが事故に合い意識不明となります。サクラの同期や周りの人たちが、十年間のサクラとの出来事を振り返る物語です。

スポンサーリンク

内容

オープニング

第1話「新人研修」

2009年、花村建設に入社した北野サクラは空気は読めず、入社式で社長に物申します。周りの人たちは凍り付きましたが、黒川人事部長が場を和ましました。入社式が終わると新人研修のグループ分けが発表されました。渡された紙を見ると、サクラは、月村百合、木島葵、清水菊雄、土井廉太郎と同じDグループとなり、サクラはリーダーとなっています。研修の最大のイベントは最終の模型審査です。優勝グループには社長賞が贈られます。

サクラのグループはサクラが夢見る美咲島に架かる橋を作ることにします。デザインイメージはサクラの頭の中にあり、それを仲間たちと具現化します。設計志望の土井がサクラのイメージからデザインを起こします。模型作りは、みんなで取り掛かります。橋だけでなく、海、島、車も付けて模型とします。

作り始めると、サクラは出来をほめながらも、次々と要望を出していきます。しかし、最後に橋の強度不足をしてきたあサクラは橋を作り直そうと言い出しました。あまりにも熱意があり過ぎるサクラに付き合いきれなくなった仲間たちから文句を言われ、ケンカ別れします。

次の日の模型審査ではサクラの姿はありません。黒川部長と社長がグループBの橋の模型を見に来ると、黒川部長は橋の強度を指摘します。木島たちは困り果ててしまいましたが、そこへ作り直した橋をもってサクラが現れます。

何とか模型審査を乗り切ったサクラたちでしたが社長賞は別のグループになりました。サクラはその判定に異を唱えて今します。サクラはグループAの保育園がふさわしいと言ってしまいます。

研修が終わり、新入社員の配属が発表されます。サクラのグループは皆、希望した配属先へと配属されましたが、サクラは研修期間中の協調性に欠ける行動が問題視されたのか、希望する土木部ではなく人事部預かりとなりました。

最終回

最終回「同期それぞれの道」

サクラが花村建設に入社して11年目の春となります。葵は花村建設に残ていますが、百合や、蓮太郎、菊夫はすでに会社を退社して、それぞれの道を歩み始めています。

サクラも長期欠勤が理由で、解雇となっていましたが、副社長となった黒川は目覚めたサクラを再び花村建設に呼び戻します。黒川は低迷する花村建設の起爆剤として、サクラを花村建設再建のプロジェクトリーダーとします。

社内では黒川の権力をバックに持つサクラに逆らう人はいなくなり、サクラが働きたい環境が整ったように見えます。

しかし、黒川は花村建設の社長を追い出し、花村建設を中国の建設会社と合併しよと考えます。

そして、その中には人員削減のリストラ計画も含まれます。実はこのリストラ計画はサクラが作成した花村建設改善計画書の中に盛り込まれていた無駄の排除のがもとに実行されようとしてます。

サクラは正しいことをやっていたつもりが、仲間を裏切ることになり悩みます。口が上手な黒川にはサクラは敵いません。サクラが悩み続けて出した答えは花村建設を辞める事でした。

サクラは自分の考えや、同期達からのアドバイスを込めた”未来に残したい建物のアイデア”を黒川に見せ、自分には黒川にはない力を持っていることを、集まった同期達の前で話します。サクラには黒川にはない仲間がいると黒川に話し、会社を去ります。

サクラは就職活動を始めると、以前面接に言った時に出会った小さな工務店の社長と会います。サクラはそこに就職することとなります。

最後に同期5人で集まります。サクラと蓮太郎は就職が決まったことを報告します。

そして菊夫が叫びます「私には夢があります!孤独や不安を感じている人に応援してくれる人が必ず近くにいることを伝える事」。

百合が叫びます「私には夢があります!女性が生き生きと働ける社会を作る事」。

葵が叫びます「私には夢があります!過酷な状況で働いている人を1人でも多く幸せにする本物のリーダーになる事」。

蓮太郎が叫びます「私には夢があります!一人でも多くの人が夢を持ち、夢を言葉に出すことで奇跡が起きるという事を知ってもらう事」。

サクラが叫びます「私には夢があります!素晴らしい建物を作って、未来の人たちはが私たちが生きていたことを思い出してもらう事」。

5人は自分の夢を高らかに宣言し、同期5人の写真を撮った後、それぞれ自分の道に進んでいきます。

登場人物

北野桜 – 高畑充希

北野桜(きたの・さくら)は離島生まれです。子供の頃に両親を海難事故で亡くし、島に橋を架けることが夢です。確固たる己を持ち、決して忖度しない!妥協しない!「私には夢があります」が口癖です。毎日じいちゃんにFAX。心が弱るとじいちゃんのコロッケが食べたくなり、じいちゃんのFAXの言葉から悩んでいる仲間へのアドバイスの言葉を見つけます。自分が悩んだときは仲間から助けられます。

月村百合 – 橋本愛

月村百合(つきむら・ゆり)は東京出身・有名私立大卒業です。両親は土建業を営んでいるが、成上り風情の強い両親を好きになれない。ハイソサエティに憧れている。ラクして楽しく生きたい、いわゆる今どきの若者です。常に自分の居場所を探して、人生から逃げ出そうとしたときにサクラに助けられます。

木島葵 – 新田真剣佑

木島葵(きじま・あおい)は東京出身・帰国子女裕福な家庭に育つが優秀な兄と厳格な父に 見下されて、家では居心地が悪く、外弁慶な性格。社長になりたいと本気で思っており、そのためならいくらでも忖度する。自分の弱さが露呈された時にサクラに助けられます。

清水菊夫 – 流星涼

清水菊夫(しみず・きくお)は熊本生まれ・有名私大の応援部出身ウザがられるほどの熱血タイプです。仲間や頑張っている人の力になりたい と本気で思っています。大学先輩上司に振り回され悩みが積み重なったところをサクラに助けられます。

土井蓮太郎 – 岡本天音

土井蓮太郎(どい・れんたろう)は東京出身・二浪で大卒一級建築士を目指す。実家の中華料理店を継ぎたくない一心で 勉強に励んできた努力型。何でも悪い方に考えるネガティブ男で、なかなか一級建築士の試験に合格しなくて、自暴自棄になった時にサクラに助けられます。

相関図

ドラマを見終えて

このドラマでは5人の同期と、じいちゃんのFAXが印象に残りました。

そして気がつけば、10年後に花村建設に残っていたのは葵だけだったんですね。5人中4人が会社を辞めてそれぞれの道に歩んでいきました。

ここに至るまでの出来事が、全10話で展開して、この結末になる!と言った感じです。

第1話で、意識を失って病院のベッドで寝ているサクラの周りを同期の4人が囲み、新人研修の話をしていたのが、はるか遠くに思えてしまいます。

そう考えると、1話で1年が進むこのドラマは上手く構成されていたんだと思います。表面上の仲間だった第1話と本当の仲間になった最終回を比べると全く違う絆が見えました。

この絆は仲間が悩んだときに、サクラがじいちゃんのFAXの言葉をヒントに仲間を助けてきた積み重ねの結果だと言えるでしょうね。真っすぐな性格のサクラが仲間を想う気持ちが仲間の絆を作ったのは間違いありません。

じいちゃんの事を思い出すと涙が出るのは第7話でした。サクラの故郷の島にかける橋の夢が崩れ去り、じいちゃんまでも亡くなってしまったこの回は最も涙が出た話でした。

じいちゃんが亡くなる前にサクラの同期4人にサクラの事を頼んだシーンは忘れられません。夢が破れ、じいちゃんが亡くなってからサクラは壊れていきましたが、同期の仲間たちが助けてくれました。

他にもたくさんの出来事があり、話が進むごとに、引き込まれてしまうドラマでした。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は高畑充希、橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡本天音、津嘉山正種、草川拓弥、大野いと、相武紗季、椎名桔平です。

【同期のサクラ】を見るならHuluがおすすめ

・人気映画・ドラマ・アニメ等60,000本以上!!

・マルチデバイス対応で いつでも

・どこでも、視聴できる!

・まるで映画館!驚きの高画質!

・無料お試し期間が終わっても、お手頃に全て見放題!

月額1,026円(税込)で見放題!月に何本もレンタルする方は Huluがおトクかも!?もちろん、いつでも無料で解約できるので、安心してご利用いただけます。

日テレ系ドラマを中心に楽しみたいなら、Huluがおすすめです。 こちら画像をクリックしていただければ早いです!

日テレドラマ

詳しくはこちらでも紹介しています。

Huluをもう少し知りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました