【テセウスの船】を手短にご紹介

見てほしい(90点以上)

すすめ度:100点(見てほしい)(平均視聴率:13.3%)
ズバッと内容:生まれる前から父は犯罪者!過去を変えらるか!
 テセウスの船は2020年冬、TBS系、毎週日曜夜9時に放送。主演は竹内涼真さんです。生まれる前から殺人犯の子供。でもそれは真実なのか!過去に行って家族の未来を変える。

スポンサーリンク

内容

オープニング

第1話「父は本当に殺人犯なのか」

街では31年前音臼小無差別殺人事件のニュースが流れている。犯人の元警察官の佐野文吾は今でも刑務所で無実を主張している。

田村心(竹内涼真)はそのニュースを見ながらマスクで顔隠して仕事をする。佐野文吾は心の父親なのだが、文吾が事件を起こしたのは心が生まれる1か月前の事。心は加害者家族として、母親たちとともに世間から目立たないように生きた。

そんな心にも妻・由紀(上野樹里)がいて妊娠している。心はお腹の中の子にどこかで聞いた事がある曲をハーモニカで吹いて聞かせていた。由紀は心の父が犯人ではないと信じ、31年前の事件のことを調べてた。しかし、その事を心に話しても心はその話に触れたくない。

由紀の陣痛が始まり、心は救急車を呼び由紀を病院に連れて行く。赤ちゃんは生まれたが由紀は妊娠中毒症で亡くなってしまった。由紀の葬儀では赤ちゃんは由紀の父親が引き取ると言っている。

心は家に帰り、母親・和子(榮倉奈々)に文吾に会いに行きたいと相談するが和子は反対する。しかし、心は出発する。

心は由紀がまとめていた事件のノートをもって、事件があった音臼小学校跡地に立ち寄ると、急に霧が深くなり、目の前に学校の校舎が現れた。

ここがどこか分からなくなった心は、雪が降る中、村を走と神社で女の子が倒れていた。心は女の子を近くにあった三島医院に運びカレンダーを見ると1989年1月7日(土)となっていた。

心は焦りながらも、由紀のノートを見るとその日には、音臼小学校の児童・佐野鈴が神社の階段から転落の記事が貼っていた。

1話の続き

心はさっき助けたのは自分の姉・鈴(白鳥玉季)と考える。姉の頬にもあざがあり、小学校の時に雪に埋もれた時にできたあざだと聞いていた。そこへ、父・文吾が鈴を心配して病院に入ってきた。心は初めて文吾と顔を合わせた。

文吾は心に感謝するが、心は文吾を憎んでいて不愛想な態度で接し、その場から去る。病院を出た心は女の子を見つけると、由紀のノートの内容を思い出し、ノートを確認する。

1月7日に女児が除草剤を飲み死亡した記事がノートに貼られ、由紀の字で、音臼村三島医院の次女・三島千夏ちゃんが自宅倉庫に会った除草剤パラコートを誤って飲み死亡と書いてある。

心は女の子が千夏ちゃんであることを確認すると、倉庫の場所を教えてもらって、パラコートを見つけ、パラコートを持って倉庫を出た。偶然近くにいた新聞配達員の長谷川翼(竜星涼)がその様子を見ていた。

心はパラコート森に入り、パラコートを雪の上に流した。その時、心は文吾が千夏ちゃんの手を引き雪山を歩く姿を見かけ、後を追うが見失い、道に出ると、女性に声をかけられる。

その女性は心の母・和子だった。和子は心の兄・慎吾(番家天嵩)を連れていた。心は「旅行中に迷った」と答えると、和子は心を三島医院に連れていく。和子は心が鈴を助けてくれた人だと知り感謝する。和子のお腹は大きい。

三島先生が鈴の頬のガーゼを取るとあざは残っていなかった。心は過去が変わったことに気づくと、文吾の事件も止められるはずと考えた。

しかし、三島先生の家の倉庫では千夏ちゃんが倒れていて、文吾が大声で人を呼んでいた。心は文吾に何があったのか聞くが、文吾にも分からない。

文吾は電話で署に連絡をする。文吾は盗んだ男は年齢30才ぐらい、長身、やせ型、黒のパーカーにコートと話しながら心を見る。千夏ちゃんは亡くなった。

誰か(犯人?)が打つワープロ

パラコートは予想外に時間がかかった。やはり本番はあの薬でいこう。計画通り、次はもっと大きい人間で試してみる

1月8日、心は佐野文吾に会いに音臼村駐在所に行くと、新聞配達員の翼がやってきて昨日の不審者は心だというと、文吾は心の事情聴取を始めた。しかし、奥から和子がやってきて鈴の恩人である心に失礼だと、事情聴取を止めさせ、心に朝ご飯をごちそうする。心は家族が笑いながら食事をしている姿を初めて見た。

宮城県警察仙南警察署では仙南署刑事・金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)たちが、文吾とともにが署で事件の整理をしている。

父親は自宅倉庫にあったパラコートの誤飲と言っているが、現場にパレコートの容器はなかった。その倉庫から誰かが何か盗んでいった情報もある。

和子の家では、和子が心にこの村に来た理由を聞くと、心は何年も会っていない父を探すためと答えた。和子はしばらくうちに泊まるように心に話すと、子供たちも賛成する。

和子たちは千夏ちゃんのお通夜に出かけるため、家を出ると、玄関先で、村人たちが千夏ちゃんの死因は倉庫に会ったパラコートの誤飲だと話していた。それを聞いた心は、文吾がパラコートを飲ませたと考え、駐在所の中を物色すると、文吾の机の引き出しの箱の中からパラコートが見つけた。

音臼小事件が起きたのは平成元年3月、その前にも何件かの事故や事件が起きている。と心は由紀の言葉を思い出す。

由紀のノートには、

1月9日に木村メッキ工場の工場長木村敏行が雪崩に巻き込まれ死亡。

1月16日には千夏ちゃんの姉・三島明音ちゃんの失踪事件が起きる。

心は3月12日に起きる音臼小事件までに起きる事故を阻止できたら、音臼小事件も止められるはずだと考えた。心は母たちを加害者遺族にしないために、文吾を殺してでも、事件を止めると決意する。

和子たちが帰って来て、心は子供たちと風呂に入る。その間に文吾は心のカバンを開け、財布の中を見ると、見知らぬお金(札)と有効期限が平成32年の運転免許証を見つけた。昨日、平成になったばかりなので、文吾には理解できない。

誰か(犯人?)が打つワープロ

あの薬は手配した。「本番」に向け、まずは準備だ。念入りに、慎重に。誰にも邪魔はさせない。

平成元年1月9日、心は木村敏行さんの雪崩事故を止めようとして、木村メッキ工場にきていた。

心は軽トラックに乗ろうとしている敏行を止めようとするが、敏行は心を無視してトラックで出かけた。心はパトカーで偶然通りかかった文吾を見つけ、文吾に敏行を追うように叫ぶ、妻・さつき(麻生祐未)もパトカーに乗り、敏行が乗る軽トラを追いかける。

荒川橋に来ると、心は敏行に止まるように大きな声で叫ぶ。すると、後ろの様子を見ていた敏行は軽トラを止め、その直後、大きな雪崩が起きた。敏行は助かり、さつきはと文吾は驚いている。心は過去を変えることができた。

心が和子の家に戻り、和子と話をしていると、仙南署の金丸刑事が訪ねてきて心は仙南署で事情聴取を受けることになる。心はパラコートを盗んだ件を聞かれ、金丸刑事からは千夏ちゃんを殺したのは貴様だろうと言われるが、心は否定する。

誰か(犯人?)が打つワープロ

超能力?笑える。誰だろうと邪魔はさせない。計画は完璧だ

1月10日、翌日になっても心の事情聴取は続いていた。突然、金丸は心に物証がないので帰っていい、ただし「あんたの指紋が付いたパラコートの容器が見つかれば、あんたは終わりだから」と心を脅す。

署から出た心はパラコートの容器を探すために雪山に行くが容器は見つからない。金丸は容器を探す心を見ていた。

その時、心は鈴が走っている姿を見かけ、鈴に声をかけると、明音ちゃんがいなくなったと話す。明音の失踪は6日後のはずと心は不審に思うが、明音ちゃんの捜索を始めた。村人たちも明音ちゃんを探していた。

心は雪の上に残る足跡を見つけ、後を追うと銃声が聞こえた。さらに進むと雪の上に血が付いていて崖に着く。心が崖から下を覗くと、すぐ下の崖の出っ張りにいる明音ちゃんを見つけ、その陰から文吾が現れた。心が自分を見上げる文吾に何しているのか聞くと、明音は文吾が助けに来てくれたと話す。

文吾は明音は亡くなった千夏ちゃんと森でリスに餌をあげる約束をしていて、森に入ったが道がわからなくなったと話す。

文吾は明音ちゃんを捜索して見つけたが、クマと遭遇し銃で撃った。しかし、まだクマは生きていて、逃げる途中で崖から落ちたと話す。

文吾は足を痛めていたので、心と文吾は明音ちゃんの救出優先する。文吾は明音ちゃんを持ち上げ、心は明音ちゃんの手をつかんで引き上げた。

文吾は「子供を守るのが大人の使命だろ」と心を説得して、心に明音ちゃんを家に送らせた。文吾が連絡をしたので井沢が途中まで来ていた。心は明音ちゃんを井沢に預け、再び吹雪の中、文吾を助けに戻る。心は文吾を信じてみたくなっていた。

心が文吾のもとに着いたとき、文吾は凍え、意識が薄れていた。文吾は動けなく、あきらめかけていた。心が文吾に「家族が待っている、俺はあなたに生きていてほしいんだ!」と叫ぶと、文吾が動き出す。

文吾は立ち上がり、崖に足をかけ、手を伸ばす。心も雪山に寝転がり、精一杯下に手を伸ばすと、手が繋がった。文吾は何度も落ちかけるが、心は手を離さない。心のもう一方の手が文吾の体に届くと、一気に引き上げる。心は文吾は殺人犯ではないと確信した。

心と文吾は無事に家に帰った。心と文吾は温泉に入り話をする。

文吾は心に心の免許証を見たことを話し、どういことか正直に話してくれと心に話すと、心は自分が2020年の未来から来たことを話す。文吾は笑いながら未来か?と笑う。

心が捨てたパラコートの容器は文吾が回収していた。

文吾は「上を向いて歩こう」を口笛で吹く。それは、心が由紀のお腹の中の赤ちゃんに聞かしていたハーモニカの曲だった。

心は佐野文吾が俺の父さんでよかったと思っていた。

誰か(犯人?)が打つワープロ

次のモルモットを決めた
いよいよ「本番」に向けてカウントダウンだ。
ワクワクする。

最終回

最終回(第10話)「過去を変えろ、黒幕との最後の戦い」

文吾のワープロから犯人の殺害日誌と、家の庭から青酸カリの瓶が見つかって、文吾(鈴木亮平)は警察に捕まる。

心(竹内涼真)は和子(榮倉奈々)、慎吾(番家天嵩)、鈴(白鳥玉季)に文吾は真犯人にはめられたのだと説明するが、鈴や慎吾は文吾を疑う。和子が2人に文吾を信じるように話す。

心は青酸カリを飲まされて入院している加藤みきお(柴崎楓雅)に会って真犯人を聞き出そうとするが、みきおを守ろうと必死になっているさつき(麻生祐未)が邪魔をする。

文吾は留置所の中で誰かが差し入れした”サラダ記念日”の本を開くと、そこには真犯人からのメッセージが書いてある。

和子と心が文吾と面会すると、文吾は自分が犯人だと自供する。

文吾の考えが分からないまま、心たちが家に戻ると、マスコミが家に集まっていた。

心は文吾が犯人であるわけがないと考えるが、和子の心は折れかかっていた。翌朝、和子は機嫌が悪く、鈴たちに強く当たってしまう。

和子は鈴と慎吾に仙台の祖母の家に行くことを話すが、今度は鈴と慎吾は文吾を信じると言い張り、和子はこの家で文吾の帰りを待つことにする。

心がみきおの病室に行くと、みきおがいなく、病室でのメッセージが書かれた紙を見つけて、心は音臼世小学校に行くとみきおと会う。

みきおは鈴のヒーローになりたかったと話す。

みきおは転校してきた時いじめられていて、鈴に助けられた。みきおは鈴をずっとそばで守り続けると決めていた。

しかし、鈴は文吾のような正義の味方が好きで、鈴のヒーローは文吾だった。鈴のヒーローは1人でいい。

みきおはこれまでの、事件について話し、その話が入ったボイスレコーダーを心に渡して、青酸カリを飲む。

心はみきおの手を止めたが、みきおは青酸カリを飲んで病院に運ばれる。みきおは一命を取り留めた。

心は森(加治将樹)と馬渕(小藪千豊)にみきおのボイスレコーダーを聞かせると、文吾は釈放された。文吾は差し入れの本に”罪を認めないと家族を狙う”とメッセージが記されていたことを話す。差し入れした人はわからない。

文吾は12年前の村祭で間違って毒キノコを入れた田中義男の奥さん、正志(せいや)の母親のことを思い出す。

当時、文吾は事故で処理しようとしていたが議員に立候補する田中義男からしっかり調べるように言われて調べたら、皮肉にも田中さんの奥さんが間違って毒キノコを入れたことが分かった。

義男は死んでいて、正志は最近村に顔を出すようになったので、この2人が文吾を恨んでいるとは考えにくい。

翌朝、文吾が12年前の駐在日誌を調べていると、石坂校長(笹野高史)の息子・徹(18才)が祭りに来ていた事を思い出す。

徹は祭りで喧嘩に巻き込まれて軽い怪我をしている。文吾は毒キノコ騒ぎで仲裁に行くのが遅れた事を覚えている。

心と文吾は音臼小の校長室に行くが石坂はいない。心と文吾が石坂の家に行くが留守である。心たちは石坂を探すが見つからない。

夜になり、心が駐在所に戻ると、文吾宛の封筒を見つける。封筒の中には、由紀のノートのコピーと、3月19日(明日)、和子と鈴、慎吾が惨殺される仮の記事が入っている。

そこには、文吾に音臼神社に明朝8時に1人で来るように書いている。

翌朝、和子の家に心の姿がなく、文吾たちへの感謝が書かれたメモが置いてある。心は文吾たちに何も言わず、音臼神社に行っている。

文吾が心を探しに行こうとすると、音臼村で男性が倒れていると警察無線が入る。文吾はパトカーに乗るが、タイヤがパンクされて、パトカーが使えない。

文吾は走って現場に向かう。

音臼神社では心が犯人を待つが犯人は現れない。

文吾は音臼岳の山小屋に着くと、文吾は後ろから誰かに刺される。

音臼神社では心が公衆電話から和子の家に電話すると、文吾が音臼岳の山小屋に言ったことを知り、心は山小屋へ走る。

山小屋では刺された文吾が振り返ると、ナイフを持った正志(せいや)がいる。文吾が自分を恨む理由を聞くと、正志は12年前の毒キノコ事件の話をする。

正志の母は間違って毒キノコを入れただけなのに犯人扱いされ、義男に捨てられて、苦労して体を壊して死んだ。

正志と妹は殺人犯の子供だと言われ続けて生きてきて、妹はいじめられて自殺した。正志はすべて文吾のせいだと話す。

正志は音臼村に帰ってきた時に文吾から「家族は大事にしないとな」と言われた時、許せない気持ちになって、文吾と文吾の家族に同じ気持ちを味あわせてやると決めていた。

みきおは文吾が邪魔である目的が一致して利用した。

正志はナイフを振り回し、文吾に襲いかかる。正志が心を殺したと言うと、文吾はナイフを奪い取り、倒した正志の上に乗る。

文吾は正志をナイフで刺そうとするが、心が自分を信じてくれていることを思い出して刺すのをやめる。

心がやってくると、正志は文吾が手に持っているナイフで自分を刺して、文吾を殺人犯にしようとする。それを阻止しようと心が止めに入るが、ナイフは心の胸に刺さる。

文吾は倒れた心を抱きかかえる。心は「家族を救うために来た、ありがとう」と言葉を残し死ぬ。

<現代>


料亭で心は文吾と和子に妊娠している由紀(上野樹里)を紹介している。鈴(白鳥玉季)も慎吾(澤部佑)もいて家族が全員揃っている。

文吾は31年前心から預かった心と由紀の結婚指輪を持っている。

「部品を交換された船は完全に生まれ変わり、古い記憶は薄れていく。でも、俺達はいつまでも家族だ」と、文吾は心のなかで呟く。

 

登場人物

田村心 – 竹内涼真

田村心(たむら・こころ)は殺人犯の息子として息をひそめて生きてきた。突然、平成元年にタイムスリップして父が逮捕された殺人事件の謎を追うことになる。

佐野文吾 – 鈴木亮平

佐野文吾(さの・ぶんご)は心の父親です。家族や村人に愛される警察官だったが、小学校の集団殺人事件の容疑で逮捕される。

佐野和子 – 榮倉奈々

佐野和子(さの・かずこ)は心の母親です。明るく朗やかな、肝っ玉母ちゃん。文吾が捕まってからは心を出産し、笑顔をなくし生きていく。

相関図

ドラマを見終えて

現代と31年前を行き来して父の無罪を晴らす。歴史が変わって文吾は犯人ではなくなった新しい世界が最終回の最後に待っていた。

31年前の過去で死んだ心は現代では元気に生きている。そして、加害者家族として辛い人生を歩んできた家族の歴史もない。

そして、現代の心もそれを知らない。歴史を変えた人間が歴史が変わったことに気づかない。全てを知っているのは文吾だけ?、和子や慎吾、鈴は心の事を見ても昔会った心だと気づかないのかな。

でも、過去が変わる前と違うことは心や文吾が家族である事、心の奥さんが由紀が由紀である事で、歴史が変わっても家族は家族である。これがテセウスの船の由来なのでしょう。

一番印象に残ったのは場面はと聞かれれば2つ答える。2つとも最終回での出来事ですが、一つは真犯人が正志であったこと。文吾が刺されて振り返る前にCMが入り、”引っ張るな~”と思って、CM後に文吾が振り返るとナイフを持った正志がいた。

もう一つは最後の最後で大人の慎吾が初登場!?なんと!お笑い芸人のハライチ・澤部佑であったことだ。面白すぎて印象に残った。

ドラマの内容は謎だらけで、誰が犯人か最後まで分からなかった。たくさんの前振りがあって、まんまと惑わされました。

このドラマは第1話~最後の最後まで見応え十分です!熱い家族の物語でした。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は竹内涼真、鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里、貫地谷しほり、安藤政信、麻生祐未、ユースケ・サンタマリア、芦名星、竜星涼、番家天嵩、白鳥玉季、笹野高史、せいや、今野浩喜、六平直政です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました