【絶メシロード】を手短にご紹介

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:85点

ズバッと内容:絶滅の恐れがある料理・絶メシをしみじみ味わう!

 絶メシロードは2020年冬、テレビ東京で、毎週金曜深夜0時52分に放送。主演は濱津隆之さんです。もう二度と食べられないかもしれない料理を絶メシしという。

須田民生はささやかな週末の楽しみとして、金曜の晩から土曜の夕方にかけて、自分ルールで、車中泊をしながら絶メシを堪能する。

スポンサーリンク

内容

オープニング

第1話「たかちゃんうどん」

『絶メシ』とは”絶滅してしまうかもしれない絶品メシ”、失ってしまうにはあまりにも惜しい、その味と味わい。このドラマは平日の仕事にくたびれたサラリーマンが週末、絶メシに出会う一泊二日の物語。

須田民生(濱津隆之)は普通のサラリーマンです。ある金曜日、民生が定時で帰る部下の仕事を引き受け家に着くのが22時前。家に帰っても妻と娘はアイドルの追っかけで金曜の晩から土曜の夕方までは帰ってこない。民生にはこの時間でやる趣味がある。

民生は車に乗って、ナビに目的地を入れると、今回の目的地まで132キロ、約1時間52分である。

民生は週末ちょっとした旅に出る。ルールは3つ、

その1、期間は金曜の仕事終わりから土曜日の妻たちが帰る土曜の夕方まで
その2、誰も誘わない、誰も巻き込まない
その3、高速代、食事代など費用は小遣いの範囲内でやる

費用をうかすには、車中泊は不可欠である。

民生は目的地の山名湖畔の駐車場に到着し、車中泊をする。

翌朝6:07、民生は目覚め、外に出るが天気が曇りで日の出も富士山も見えない。民生は北口本宮冨士浅間神社にお参りすると、目の前に郷土料理百選”吉田うどん”の垂れ幕を見つけて、スマホで評価が高い店を探して車を走らせる。

13時過ぎ、民生はナビの案内で店に到着するが、そこには古びた小さなプレハブ小屋があるだけである。民生は車を降りてプレハブに近づくと、おばさんが座っていた。出入り口には”うどん”の暖簾がかけてあるが、怪しい。

1話の続き

おばさんにうどん屋さんを訪ねると出入り口を指さす。その時中から客が1人出ていき、店の女性・梅沢礼子(安藤玉恵)民生は礼子に言われ、気が進まなかったのだが、断り切れず店に入る。

そこには常連客の男がいて民生のメニューまでも決めて玲子に注文する。その男は他の客からの支払いも受け取り、半分店の仕事をしている凄く自由な客である。民生はその男に言われて、”肉うどん”を注文することになった。

その男が帰ると、店の中には厨房で肉うどんを作る礼子と民雄だけになる。民生が礼子に店について聞くと、25年やっていると、礼子は店をやることになった経緯を話し始める。

礼子は外にいたおばさんが母親で、母が病気になって、常連客のために流れで店を継ぐことにしたと話す。

礼子が肉うどんを持ってくると、案外、見た目良好、食べてみると味も良好、吉田うどんの特徴である馬肉もシンプルに美味しい。

民生が感動に浸りながら、礼子にこの味をずっと守り続けて下さいと言うと、礼子はあっさり「それは無理」と答える。

礼子は客が減り、周りにうどん店は増え、うちには後継者もいない、仕事は大変で、自分もいつまで続くかわからないと話す。

民生はこのうどんはずっと食べられるわけではないのかと、このうどんの儚さを感じる。汁まで飲み干し、感慨にふける民生は店を出る。

レシピもなく、もう二度と食べられないかもしれない”たかちゃんうどん”。民生はこれは絶メシだと思いながら、車に乗ると、部下の堀内からメールの返信が届いた。

 

第12話「食堂SS」(最終話)

内容

いつもは元気に家に帰ってくるはずの金曜日の須田民生(濱津隆之)がだが、今日は元気がない。その理由は佳苗(酒井若菜)と紬(西村瑠香)が追っかけをしているアイドルのコンサートが今週末で千秋楽となって、民生の旅も千秋楽となります。

民生の絶メシの度は2人がいない週末に行くルールとなっていて、今日の民生は旅のサヨナラを悲しむより、千秋楽を楽しもう!と車を走らせます。

今日行くのは、今まで行きたかったのですが、道のりが10kmの細い道が続く難度が高いルートなので避けてきた場所です。

<金曜日23:52>
民生は長野県塩尻市の高ボッチ高原駐車場に着きます。民生は高ボッチ高原で一人ぼっちでこれまで行った絶メシの旅を振り返ります。そして、車の荷物の中に紬たちが追っかけをしているアイドルグループ・Tear DropsのTシャツを見つけます。

<土曜日6:04>


目覚めた民生は高ボッチ高原の山頂に登ると、見事な眺望なので、諏訪湖が見えますが、富士山は見えない。これもいつもの民生のパターンで、民生は「ありがとう」とつぶやいて、もう一度、これまでの旅の思い出を振り返ります。

民生は絶メシを探すために車を走らせていると、”安くてうまい食事のデパート 食堂SS”の看板を見つけます。

<土曜日12:27>


民生は駐車場に車を駐めて店の前に立つ。店に書いてある文字も古くて、絶メシ臭を漂わせています。

民生が店に入ると、女性店員(宮田早苗)が水を持って、民生はメニューの中に”普通定食”と書かれたメニューを見つけて、注文します。

民生が女性店員に外にいる男性のことを聞くと、この店の店主・佐藤秀喜(モロ師岡)であることを知ります。秀喜は普段は電気屋で、女性店員は妻の秀美です。秀喜は笑顔で民生に愛想を振りまきながら外の掃除をしています。

秀美が普通定食を持ってくるとそれは煮サバ定食です。民生が味噌汁を飲むと美味しくて、クオリティーが高い。煮サバは安心感を覚え、ご飯がすすみます。普通定食の美味しさが普通じゃない。

民生は千秋楽にこれだけで終わって良いのか考え、気分が高まると、唐揚げとご飯のおかわりを追加注文します。

唐揚げは揚げたてで香りも良く、食べると熱々でサクサク。この唐揚げは控えめに言っても最高です。

民生が唐揚げを食べていると秀喜が店に入ってきて、料理が全くできなくて、この店を継いで5年だと話します。

この店は秀喜の父親が東京オリンピック(1964年)に始めたのですが、25年前に父がなくなって、秀喜は父の電気屋を継いで、この店は叔母が継いぎました。しかし、叔母の体が悪くなったので、この店も秀喜が継ぐことになりました。

5年前に店を継いだ時には営業中なのに店内は散らかり放題で、テーブルにも埃が積もっていました。店にはとんでもない借金があって、秀喜は手放そうとしたのですが秀美がやれるとこまでやろうと言ってくれて、そこから毎日秀喜は店の掃除をすることになって、店員の協力も得て今日までやってきたと話します。

食べ終えた民生は、「ごちそうさまでした、美味しかったです」と言うと秀喜と秀美は喜びます。民生が秀喜に”SS”の意味を聞くと、秀喜は父親の佐藤ススムの頭文字だと答えます。

ドライバーたちの胃袋の安息地”食堂SS”、ここもまた絶滅してしまうかもしれない絶品メシですが、絶滅を免れ、生き残るために戦い続ける絶品メシでもあった。

民生は”絶メシ、フォーエバー”と心のなかで呟いて車に乗って帰ります。

民生が家につくと紬と佳苗がアイドルグループ”Tear Drops”の来季の全国ツアーが決まったので、Tear DropsのTシャツを着てお祝いの準備をしています。民生は再び絶メシに会いに行けると喜びます。民生の絶メシの旅はTear Dropsの活動がある限り続きます。

民生は「ありがとう、Tear Drops」と声に出し、上着を脱いでTear Drops(ティアドロ)のTシャツ姿になります。民生は”ティアドロ フォーエバー”と心のなかでつぶやき、家族3人でティアドロのTシャツを着て食事をします。

登場人物

須田民生 – 濱津隆之

須田民生(すだ・たみお)は妻と高校生の娘と暮らす、真面目で気の優しい中年サラリーマン。少しの間、1人になりたいとひそかに思っていたある日、自宅のミニバンを活用したある計画を思いつく。それ以来、家族がいない週末になると、「誰も誘わない・誰も巻き込まない・予算はお小遣いの範囲内で」をモットーに、日本各地を車で巡り“絶メシ”を求める旅をする。

須田佳苗 – 酒井若菜

須田佳苗(すだ・かなえ)は民生の妻。アイドルグループ「Tear Drops」のファンで、地方でのライブがあるたびに娘の紬と一緒に出掛け、金・土曜日は家を不在にする。

鏑木勉 – 山本耕史

鏑木勉(かぶらぎ・つとむ)はベテラン車中泊マスター。多くの時間を車中で過ごす。民生が行く先々で偶然出会う、謎めいた人物。

相関図

相関図はありません。

ドラマを見終えて

民生の心の中の声が多いドラマです。なので、素朴な疑問やボケや突込みも、あるある的なものが多く、ドラマを見ていると同調したり、なるほどなと思う事もあります。

たまに登場する鏑木勉(山本耕史)もいい味を出していて、民生の事を”ノーマルさん”と呼ぶたびに、心の中で少し笑います。

濱津隆之さんがたまに海岸や公園を走るのですがその姿が滑稽で良かったですね。いつも運が悪く、富士山が見えないの事もこのドラマの風物詩となっています。

さすがテレビ東京のドラマです。味わい深~い。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は濱津隆之、山本耕史、酒井若菜です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました