【仮面ライダーオーズ】を手短にご紹介

見てほしい(90点以上)

評価:90点(見てほしい)

ズバッと内容:右手の怪人が正義の味方?

仮面ライダーオーズは2010年9月5日~2011年8月28日に全48話で放送された平成第12作目の仮面ライダーです。この放送期間中に、1971年からはじまった仮面ライダーの放送1000回記念が行われました。

オーズの名前の後ろについている/OOOは劇中に登場するメダルを表しています。∞にもう一個〇が付いているので、”無限を超える”と、物語の中でハッピバースデーをよく歌う会長が言っていました。

スポンサーリンク

仮面ライダーオーズはこれだ!

主人公の火野映司が変身します。仮面ライダーオーズはベルトにコアメダルを装着することで、頭、上半身、下半身がそのコアメダルの特性をもつスタイルにフォームチェンジします。

この写真は「タトバ」コンボと言って、頭がタカ、上半身がトラ、下半身がバッタになっています。名前は簡単それぞれの頭文字をとって「タトバ」コンボと言います。

この「タトバ」コンボはよく登場する基本形ともいえるでしょう。コアメダルのパターンを変えることでいろんなコンボが出来ます。オーズはフォームチェンジが一番多い仮面ライダーです。

 

コアメダルの種類
属性主なコアメダル
鳥系タカ、孔雀、コンドル
猫系ライオン、トラ、チーター
昆虫系クワガタ、カマキリ、バッタ
水棲系シャチ、ウナギ、タコ
重量系サイ、ゴリラ、ゾウ
恐竜系プテラノドン、トリケラトプス、ティラノザウルス

変身シーン

 

コアメダルをオーズドライバー(変身ベルト)に入れ、丸いオートスキャナーでスキャンさせることで映司が仮面ライダーオーズに変身します。派手に変身するところが見ごたえありです。

アンク

仮面ライダーオーズに変身する火野映司の相棒はアンク。右腕だけのグリードです。なので、第一話で重傷を負った刑事の泉信吾の体を乗っ取り、火野映司とともに多国籍料理店「クスクシエ」住むことになります。

アンクは自分の目的(コアメダルの回収)のために映司を利用しますが、お互いの信頼が芽生えていきます。目的の違いから映司と敵対する時もありますが、映司とアンクは最高のコンビです。

グリードとは
 800年前に錬金術師が人工の命を作ろうとしました。その時に様々な動物の力を10枚のメダルに凝縮して作りましたが、そのメダルからは命はできませんでした。しかし、そのメダルを9枚にすると、1枚欠けたことにより欲望という力が生み出され、生命体が誕生しました。それがグリードでした。 グリードは封印されたのですが、この物語の第1話でその封印が解かれたことで、5体のグリードが目覚めました。それぞれのグリードは自分の属性のコアメダルを9枚集めて完全体になることを目指します。 そして、800年前の王であったオーズも封印から解かれ、仮面ライダーオーズとなった火野映司はグリードから人々を守るために戦います。

封印が解け、他のグリードとともに復活したアンクでしたが、アンクだけはなぜか右腕しか復元しませんでした。アンクは自身の完全復活のために他の映司とともにグリードたちと戦います。

仮面ライダーバース

鴻上ファウンデーションの鴻上生体工学研究所で真木によって開発された仮面ライダーでです。本来メダルはグリードたちの体を構成したり、エネルギーになるものですが、仮面ライダーバースはセルメダルを武器やエネルギーにして戦います。終盤、バースは外国から帰ってきた伊達明が復活し、2代目の後藤慎太郎とともに2体登場します。

メダルには2種類ある
 メダルにはコアメダルとセルメダルがあります。コアメダルはグリードの核となります。すでに作られているものだけが存在し、増やすことはできません。

セルメダルはグリードの体を作るものです。セルメダルは行動したり、ケガをしたりすると消費されます。私たち人間の食料みたいなものです。グリードはセルメダルを食べ(吸収し)続ける必要があります。

<セルメダルの増やし方>

グリードは1枚のセルメダルを人に埋め込みヤミーを作り出します。ヤミーはその人の欲望により成長します。成長したヤミーを倒すと、セルメダルに代わります。ヤミーの属性によって得られるセルメダルの数は変わりますが、グリードはそのセルメダルを自分の体に吸収し体を維持します。属性によっては1枚のセルメダルが何十倍にもなります。でも、ガメルのヤミーだけは効率が悪く1枚にしかならないんですけどね。仮面ライダーバースはセルメダルのエネルギーを使って戦っています。

豪華出演者

火野映司 – 渡部秀

仮面ライダーオーズに変身する主人公です。世界中を旅する青年ですが、アンクと出会ったことで、仮面ライダーオーズになります。学生時代から困った人を助け、世界中の子供達を救う事・世界を変える事を目標としいる。旅に出るのに必ず持っていくのがパンツである。

アンク (泉信吾)- 三浦涼介

第1話で重傷を負った泉信吾刑事の体を右手だけ復活したアンクが乗っ取り、アンクと泉信吾が同一人物となる。アンクは怪人・グリードの1人だが、火野映司の相棒として、完全復活のためにグリードと戦う。

泉比奈 – 高田里穂

泉信吾の妹。なぜか怪力を持っており、260kgのライドベンダー(自動販売機みたいなもの)を持ち上げる緋奈。これには驚き、緋奈もこの怪力にコンプレックスを持っています。この他にも、緋奈の怪力は活躍します。

こちらは気を失っている映司をアンクと比奈がオーズに変身させるのですが、普通は逆でしょう。普通はアンクが映司を持ち上げるんでしょうね。

鴻上光生 – 宇梶剛士

鴻上ファウンデーションの会長で、ケーキ作りが趣味。ピアノも弾く。メダルにやたらと詳しく、欲望がすべての根源だと考えている。”ハッピーバースデー”と大声で物事の誕生、変化をを称える。

真木清人 – 神尾佑

いつも左腕に人形を載せています。この人形が落ちると真木は慌てふためきます。この人形がないと何もできない真木です。たまに人形が変化します。

鴻上ファウンデーション

鴻上ファウンデーションは鴻上光生が会長を務める会社で、人間であるにもかかわらずメダルを集めています。鴻上は「欲望が世界を再生する」という考えで、メダル集めをしています。メダルの収集にはオーズやアンクと手を組んだほうがいいと考えた鴻上は、オーズやアンクにバイクなどの戦うツールを提供します。

 

鴻上はこんな人

口癖は「ハッピー!バース!デイ!」。

趣味は「ケーキ作り」が主ですがピアノを弾いたりもします。

変化や、欲望、野望が大好きな鴻上は、それらによって新たに生まれる事や物を大いに好みます。オーズやアンクにとっては敵ではなく味方と言っていい存在。

鴻上ファウンデーションには終末の世界を望むドクター真木こと真木清人、仮面ライダーにメッセージを伝えたり、助けたりする鴻上会長秘書の里中エリカ、世界の平和を信念を持ち2代目の仮面ライダーバーズとなる後藤慎太郎、1億円を稼ぐため鴻上と契約して仮面ライダーバーズになった伊達明などがいます。

物語の内容

始まり

鴻上美術館で警備の仕事をしていた2人組が美術品を盗もうとしていたところ、赤色のコアメダルとその周辺にあったセルメダルが手の形になって、棺の封印を解きました。すると、棺自体がセルメダルとなってそのセルメダルが4体の怪人に変身しました。センサーが反応し護衛のライドベンダー隊隊長の後藤が到着し、メダルの覚醒を確認。鴻上の指示により、建物ごと破壊しましたが、怪人たちはメダルとなって逃げだした。その後もベンダー隊が怪人たちと戦うも全く歯が立たちませんでした。4体の怪人はグリードといいます。

グリードの名前、属性など
名前属性主なコアメダル性格
アンク鳥系タカ、孔雀、コンドル右手だけの復活だったため、泉慎吾の体を使っている
カザリ猫系ライオン、トラ、チーターずる賢くて、平気で仲間を裏切る。アンクとはライバル的な存在
ウヴァ昆虫系クワガタ、カマキリ、バッタ孤独な性格
メズール水棲系シャチ、ウナギ、タコ唯一、女性的な性格
ガメル重量系サイ、ゴリラ、ゾウ無邪気で、単純で、素直。子供のような性格
ギル恐竜系プテラノドン、トリケラトプス、ティラノザウルス物語の途中から登場し、10枚のメダルが存在し、人をグリードにするメダル。性格は人次第、ドクター真木と火野映司が持つ。

左から、ガメル、メズール、ウヴァ、カザリ

展開

グリードはそれぞれの属性のコアメダルを9枚集めて、完全体になろうとします。右手しか復活しなかったアンクは映司とともに行動をします。鴻上ファウンデーションは独自でメダルを集めていたのですが、アンクと手組み効率よくセルメダルを集めます。

鴻上ファウンデーション研究所長の真木清人は世界の終末を求め、鴻上を辞めグリードと組みます。グリード内でも仲間割れや利害の一致出て組んだりを繰り返しながら物語は進んでいきます。アンクと火野映司も喧嘩をしたり、仲直りしながらで、アンクは体を求め、映司は人を守るため、鴻上は単なる欲望のため、グリードと戦います。

終わり

最後に残ったグリードのウヴァはすべてのコアメダルを吸収して暴走が始まり、空中に浮く大きな要塞となります。その要塞を支配するのが、終末の世界を目指すグリード化した真木。アンクとオーズが真木に最後の戦いを挑みます。最大パワーで戦ったオーズの攻撃にも真木はビクともしない。そこで、アンクは自分のコアメダルをオーズに投げ、オーズは最強の「タジャドル」コンボになる。そして最後の一撃を真木に放つ!

戦いは終わり、力尽きて空から落ちる映司を空を飛ぶ仮面ライダーバースが助けました。アンクからもらったメダルは割れ、アンクの姿は消えた。

ガメルとメズールの恋?物語

グリードのガメルはメズールが大好き。メズールもガメルが好き。でも何か違うような。そんなガメルをこちらの記事にまとめました。

放送1000回記念

第27話が放送999回、そして当然のことですが、第28話が放送1000回記念となりました。第27話では鴻上会長の「ハッピー!バースデー!トゥーユー!」の歌から始まり、鴻上会長がアンクと映司に1000回記念映画を作ることを提案することから始まります。

アンクは一度は断るが、コアメダルを取り返す情報につられて、映画の撮影を承諾します。たくさんの出演者が集まり、ゲストとして、ハリセンボン、森下千里さん、千秋さん、若槻千夏さん、杉村蝉之介さんも登場する異例の2話となりました。

 

これは懐かしい!改造されるシーンではないか!

ショッカー(自称:戦闘員)もたくさん登場します。そして、その一人がライダーに「戦闘員はいつかライダーを超えるだからその時まで誰にも負けんなよ。」とライダーを励まし、戦闘員の誇りの高さを感じた感動のシーンもありました。この回だけは一見の価値ありです。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は渡部秀、三浦涼介、高田里穂、宇梶剛士、有未麻祐子、君嶋摩耶、岩永洋昭、甲斐まり恵、松本博之、山田悠介、橋本汰斗、未来穂香、神尾佑、飛田光里です。

劇場版

【劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル】を手短にご紹介
評価:95点(見てほしい)、ズバッと内容:暴れん坊将軍がオーズの味方!。ゲストに松平健さんが徳川吉宗(暴れん坊将軍)で登場して怪人を倒します。さらに酒井美紀さんも敵ボスに飲み込まれた母親を演じます。松平健さんの見事な殺陣(太刀捌き)は仮面ライダーでも健在で怪人も倒します!

仮面ライダーを見るならアマゾンプライムがお得!

500円/月、年契約なら4,900円/年(409円/月)で、仮面ライダーが見放題!他にも映画やドラマも見れます。

30日間の無料期間もあります。

コストパフォーマンスは抜群です!

Amazonプライム・ビデオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました