【劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー】を手短にご紹介

見てほしい(90点以上)

評価:90点(見てほしい)

ズバッと内容:懐かしい!ライダー全員集合!

『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』は2009年8月に東映系で公開されました。ゲストには主題歌を歌うGACKTさん、大杉漣さんが出演しています。過去の仮面ライダーたちが登場するので懐かしいです。仮面ライダーの世界が1つになると消滅する!?悪はやっぱり、ショッカーなんですよ。

スポンサーリンク

仮面ライダーディケイドの本編はこれだ!

【仮面ライダーディケイド】を手短にご紹介
評価:90点(見てほしい)、ズバッと内容:過去の仮面ライダーが登場の記念作品!ゲストが凄すぎ!仮面ライダーディケイドは2009年1月~2010年8月に全31話で放送された平成仮面ライダー10作目となる仮面ライダーです。ディケイドが平成仮面ライダーの世界を旅します。仮面ライダーがたくさん登場する仮面ライダー祭りです。 昭和仮面ライダーや戦隊ヒーローも登場します。戦隊ヒーローではあの人が登場です。

ストーリー

物語は仮面ライダーバトルでのディケイドvsアマゾンで始まります。

事の発端は3日前、記憶がない門矢士(井上正大)が自分の家に戻ると妹の小夜(荒井萌)と使用人の月影(大浦龍宇一)と会います。士は月影と話をしていると記憶がよみがえり、士の使命は世界の融合を止めるために最強のライダーを決める事だったことを思い出すと、ライダーバトルをするように月影に指示します。

ライダーバトルは進んでいき、最後はディケイドが勝利すると、会場は崩壊し、夏海(森カンナ)とユウスケ(村井良大)は大ショッカー本部に連れて行かれます。

そこでは大ショッカーの幹部の地獄大使(大杉漣)たちと大首領の士が現れます。ユウスケと夏海は士によって本部の地下に落とされますが、何とか脱出して小夜の家に戻ります。

しかし、小夜は自分を置いて出ていった兄を憎んで大ショッカーの大神官ビシュムへと覚醒し、持っていた”地の石”を使ってユウスケをライジングアルティメットクウガにして憑依します。月影もまたシャドウとなり、大ショッカー本部にいる士を追い出します。

士は月影から世界の融合と仮面ライダーバトルには関係がないと聞かされ、月影たちが自分が作った橋を使って全世界をショッカーで滅ぼそうとしている事を知ります。

全ての仲間を裏切って世界を救うはずだった士はすべての世界から拒絶され戦う意思を失います。

その間、世界はショッカーたちに攻撃され、鳴滝(奥田達士)はディエンドの力でライダーを集めて世界を救う事を夏美と海東大樹(戸谷公人)に提案します。大樹は蛇王やキックホッパーなどに声をかけますが協力は得られず、その時にジャーク将軍に攻撃されピンチになります。

一方、士は士の命を狙う結城丈二(gackt、ガクト)に会いますが、丈二は生きる意志がない士を叱咤すると士は戦う意欲に目覚めます。士はジャーク将軍と戦う大樹を助けると、今度は大ショッカーを倒すと事を決意します。

士と大樹は大ショッカー本部に攻め込みますが、あまりの敵の多さに歯が立ちません。

すると、光のカーテンが現れて倒し合ったはずの仮面ライダーたちが集結します。ライダーたちが大ショッカー幹部のガラガランダやイカデビルを倒すと、アルティメットクウガが現れライダーたちを一掃します。

ディケイドがクウガと戦いますが、クウガを操っている小夜が士の言葉を聞き入れて”地の石”を壊すと、ユウスケの意識が元に戻ります。

今度は月影が変身したシャドウが現れ、ディケイドとクウガが戦いますが、歯が立ちません。すると、仮面ライダーWが登場して、圧倒的な強さでショドウを蹴り飛ばし、大ショッカー本部の壁にシャドウをめり込ませて、Wは去っていきます。

そこへ息を吹き返したライダーたちが全員でライダーキックをして、大ショッカー本部もろとも破壊します。

シャドウが巨大化してキングダークになると、ディエンドが巨大化した仮面ライダーJを連れてきます。

そして、ディエンドによって巨大なライダーベルトとなったディケイドがJの腰に巻かれるとJがコンプリートフォームとなって、他の仮面ライダーたちとともにライダーキックでキングダークを倒します。

全ての戦いを終えたライダーたちは士の仲間になって、それぞれの世界へと帰っていきます。

士も新たなる旅に出て、小夜も自分の旅に出る事を決して物語は終わります。

特別ゲスト

 地獄大使 – 大杉漣

大杉漣(おおすぎ・れん)さんはガラガランダになる地獄大使を演じます。ガラガランダになる時には、うがいをしてガラガラしてなってました。とてもお茶目な地獄大使です。

結城丈二 – GACKT(ガクト)

GACKT(ガクト)さんは士に戦う意欲を与えた結城丈二(ゆうき・じょうじ)を演じます。もともと結城丈二は右腕を切り落とした士を恨んでいましたが、生きる意欲もない士に復讐はしなません。結城丈二はこの物語では変身しませんが、ライダーマンです。

 

まとめ

懐かしい仮面ライダーがたくさん出てくるので見ていて楽しかったです。やっぱり仮面ライダーの敵はショッカーですよね。今回の敵が大ショッカーで良かったです。大杉漣さんが地獄大使をしてたので、驚きました。こんなところに出ていたなんて凄いですね。さすが名脇役です!

内容的にもまとまっていたし、次から次へと敵が出てくるので、「大きなかぶ」状態になってました。

もしかしたら本編より良かったかも。でも、本編もよろしくです!

【仮面ライダーディケイド】を手短にご紹介
評価:90点(見てほしい)、ズバッと内容:過去の仮面ライダーが登場の記念作品!ゲストが凄すぎ!仮面ライダーディケイドは2009年1月~2010年8月に全31話で放送された平成仮面ライダー10作目となる仮面ライダーです。ディケイドが平成仮面ライダーの世界を旅します。仮面ライダーがたくさん登場する仮面ライダー祭りです。 昭和仮面ライダーや戦隊ヒーローも登場します。戦隊ヒーローではあの人が登場です。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は井上正大、森カンナ(森矢カンナ)、村井良大、戸谷公人、石橋蓮司、奥田達士、市川理矩、石井萌々果、GACKT、大杉漣です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました