企業戦士に吹く風

ショートストーリー

組織の風が吹く中で、私は戦い続ける

追い風の時はほとんどない

向かい風か、下から巻き上がってくる上昇気流の風

私は自分のデスクに座り肌で風を感じる

ある時、部下が客先からのトラブルを持ってくる

部下は慌てふためくが、私が一緒になってはいけない

私の心の中は穏やかではないが、外からの風にはめっぽう慣れている

幸いにも、投げ出す若者が多い中、部下は諦めずに対処しようとしている

彼のためにも私がしっかりしなければ、

多くの場合、組織の外から吹いてくる風はしのげるものです

あとは外から吹いてきて、組織の中で滞留した風をどうするか

自然の風なら爽やかなものだが、この風は厄介だ

まずは、責任の所在を確認する

幹部たちは一人ひとり責任から逃れることが分かると、去っていく

残されたのは責任と私だけ

私の責任となると、問題の風はさらにおかしくなる

その風がやむのはしばらく経ってからになる

今日も私に新たな風が吹く

ウソの世界
夏の花火大会の夜、浴衣姿の君を見かけた 浴衣姿の君は僕を誘っている その夜、僕たちは大きな花火を打ち上げて別れた 秋になり、図書館で君を見つけた 図書館で本を探す君と僕の手が重なると、 目も重なる 久しぶ...
ショートストーリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
drmをフォローする
2分でドラマ紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました