【キワドい2人 -K2-】を手短のご紹介

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:85点(見てほしい)

ズバッと内容:義母兄弟の凸凹刑事!

 キワドい2人は2020年夏、TBS系、毎週金曜夜10時に放送。主演は田中圭さんと山田涼介さんです。新米刑事の神崎隆一がバディを組むのは性格が全く違う義母兄弟の黒木賢司だ!

ことの始まりは22年前!あの時、あの人を撃ったのは誰だ!

スポンサーリンク

感想

現在放送中なので、第1話を見た感想だけとなります。

第1話の感想

勤務初日から相棒探しとなった神崎隆一(山田涼介)ですが、無事に?黒木賢司(田中圭)を見つけることが出来ました。結構早く見つけることが出来て良かったですね。

でも黒木の無茶苦茶な行動には驚きました!多分、黒木なりの計算はあったのでしょう。その後の事件も無事に可決して無難に1話が会わるのかと思いましたが、ラーメンを食べながら黒木と神崎の父親が同じであることが判明!

父親は神崎賢造(椎名桔平)なのですが、母親が誰なのかはこれから分かるのでしょうね。性格が違う凸凹義母兄弟刑事の活躍と自分たちの過去が楽しみですね。

全話見終えて

それほどキワドくない黒木と神崎だったかな。でも、ちょうどいい刑事ドラマです。新型コロナウイルスの影響で6話で終りとなりましたが、もう少し見たかった。

このドラマも潜入捜査がキーとなっていましたが、潜入捜査絡みのドラマは多いですね。実際潜入捜査ってやっているんでしょうか。

こちらの画像は無理からに高校に潜入した神崎と彩乃・・・。ちょっと無理ありますが、このぐらいなら笑得る範囲なので、なんちゃって潜入ですね。

警察と反社会勢力との癒着も実際あるのでしょうか。ドラマだけの話にしてほしいですね。実在していたらそれこそ、本当にキワドい。

キワドい潜入捜査官・・・。そうか、本当にキワドかったのは死にかけた神崎賢造と22年前に殺された潜入捜査官・井原達也(高橋努)だったように思います。

 

相関図

登場人物

 

黒木賢司 – 田中圭

黒木賢司(くろき・けんじ)は池袋署刑事課・強行犯係の刑事です。少々気は荒く超破天荒ですが、直観力と洞察力はピカイチで、検挙率No.1刑事。普段は飄々としているように見えるが、誰かを守るためなら自らを犠牲にすることも厭いません。隆一の義母兄貴。
田中圭さんの関連記事

神崎隆一 – 山田涼介

神崎隆一(かんざき・りゅういち)は池袋署刑事課・強行犯係の新人刑事です。人情派で生真面目、正義感が強く、ときにお節介がすぎてしまうこともあります。人間の悪い部分よりも良い部分を信じたいと思っているタイプ。「承知しました!行ってきます!」が口癖です。賢司の義母弟。

神崎賢造 – 椎名桔平

神崎賢造(かんざき・けんぞう)は神崎と黒木の父。元警察官で、退職した現在は長野県に移住し、手打ち蕎麦屋「おやじのそば」を営んでいます。
椎名桔平さんの関連記事

内容

第1話

池袋署の刑事課強行犯係に配属されたキャリア刑事の神崎隆一(山田涼介)は出勤初日、相棒となる先輩刑事の黒木賢司(田中圭)が無断欠勤をしており、強行犯係の係長・末長(八嶋智人)から行方の分からない黒木を探しだすよう命じられます。

黒木の前夜の動向を調べると黒木はガールズバーを訪れており、店員の女性・萱島麻衣(関水渚)と店を後にして、その後の足取りが全く掴めなくなっていました。

神崎は麻衣のマンションに行くと、神崎は急ブレーキをかけたであろうタイヤ跡のそばで血の付いた黒木の警察手帳を見つけます。

さらに、強行犯係には行方をくらましていた黒木から「誘拐事件に巻き込まれた」と電話が入り、神崎は黒木がいるところへと急行します。

1話の続き(ネタバレ)

神崎が黒木を見つけると麻衣も一緒にいて黒木は配管に縛られて、隣の部屋では火事が発生しています。

黒木はアタフタする神崎をよそに力づくで配管を切り、イチかバチかで近くに置いてあった重曹に薬品を混ぜて火事の中に投げ込むと、勢いよく不燃性の気体が発生して鎮火します。

神崎は無茶苦茶なことをする黒木に文句を言いますが、その間に麻衣は犯人に連れ去られます。

麻衣は萱島建設(かやしまけんせつ)の社長令嬢で身代金目的の誘拐をされたのですが、麻衣はになりすましの偽物で、犯人も気が付いていません。

誘拐犯は萱島家に麻衣を人質に身代金を要求しますが、萱島家に行った黒木と神崎の前に本物の麻衣が帰ってきます。

池袋署刑事課・強行犯係の捜査で誘拐された麻衣の本名は氏原彩乃だと分かると、黒木は誘拐犯に彩乃が偽物の麻衣だとバレない様に、萱島建設の社長に犯人の指示に従うように強引に頼みます。

社長が犯人との待ち合わせ場所に行くと犯人は社長を水族館に移動させ、そこで金を引き取りますが、誘拐犯はその場にやってきた黒木たちに取り押さえられて事件は解決します。

彩乃の父は萱島建設で仕事をしていましたが、仕事中のケガが原因で足が不自由になって会社を辞めて貧しい生活を送っていました。

彩乃はその仕返しのために麻衣に成りすまして誘拐を自作自演したのですが、途中から犯人に裏切られて本当に誘拐されることになっていたのです。

彩乃は黒木たちに謝り、誘拐犯とともに池袋署に連行されます。

事件が解決し、ラーメンを食べる黒木と神崎でしたが、黒木は神崎の父親の言葉”過ちを犯した人にも日々の暮らしがある、人生もある”の言葉に、神崎の父親が自分の父親・賢造(椎名桔平)である事に気づきます。

ある朝、黒木が神崎の家に引っ越してきて義母兄弟の暮らしが始まります。

第6話(最終回)

神崎隆一(山田涼介)は、自分が犯罪者の息子だという衝撃の真実を知り自暴自棄になっていた。
いっぽう、22年前の 「ファミレス立てこもり事件」 の捜査を担当していた副署長・澤登哲也(六角精児)の身に危険が迫っていることを知った黒木賢司(田中圭)は、澤登の元に駆け付ける。するとそこには、行方をくらませていた父・神崎賢造(椎名桔平)の姿があった。しかし、22年前の事件の真相を澤登に迫る賢造は、隠れていた捜査員たちに囲まれてしまい――。

異母兄弟でないと知った神崎と黒木は、家族の絆を取り戻すことはできるのか !?
そして、兄弟バディが選んだ最後の決断は――。
出典:K2キワドい2人 公式HP

ネタバレ

警察に撃たれた賢造は一命を取り留めるものの意識を失う重体となる。しかし、その時、賢造は丸腰だった。

数カ月後、意識を取り戻した賢造は黒木と神崎に22年前の潜入捜査官だった井原とのファミレスでのやり取りを説明する。

当時、井原(高橋努)の妻だった松原ひかり(仙道敦子)は死んだと思われていたが生きていた。今回の連続警察殺害事件はひかりが起こしたものだと神崎と黒木は考える。

澤登のもとにひかりから電話が入る。警察のイベント会場にひかりが現れるとひかりはロッカーから拳銃を出して警官たちに銃を向ける。

澤登が銃を構えるひかりを撃とうとすると、神崎が澤登を突き飛ばす。ひかりは綾乃が扮した偽物でした。

神崎たちは澤登が22年前に暴力団に情報を流していた澤登が潜入捜査をしていた井原に致命傷を負わせ、今回の警官2人も口封じのために殺していた。

その証拠に、マル暴の人たちで写っていた写真に井原と神崎、澤登も写っていた。澤登は井原が警察官であることを知っていた。

一件落着と思われたが、ひかりが現れて、連行される澤登に銃を向けます。

黒木は本当の母親・ひかりの説得を試みる。

ひかりは偶然見かけた息子の黒木が憎い警察官になったことに再び忘れかけていた怒りが芽生えて警察への復讐を思い立ったと話す。

黒木は警察になったのは「父親の誇りだ、僕たちはやり直すことができる」と言い聞かせると、ひかりは銃を下ろす。

黒木はひかりに「自殺せずに、生きていてくれてありがとう」と、泣きながらひかりを抱きしめる。

ーーーー

賢造は退院して、蕎麦屋を続け、神崎と黒木はコンビで捜査しているが、検査をしている間に犯人に逃げられ、2人で追いかけます。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は田中圭、山田涼介、関水渚、椎名桔平、奥山かずさ、八嶋智人、江口のりこ、ジェシーです。

出演者の登場作品

出演者の関連記事

【キワドい2人】を見るならParaviがおすすめ

・Paravi(パラビ)はTBS、テレビ東京、WOWWOWに強い!

・月額1,017円(税込み)で見放題です。

・毎月課金日にParaviチケット1枚もらえて、550円以下のコンテンツを見ることが出来ます。

・はじめの2週間は無料です。

TBS系、テレビ東京のドラマを中心に楽しみたいなら、Paraviがおすすめです。特にテレビ東京が見れない方にはお勧めです。

Paraviの公式HPはこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました