【DIVER(ダイバー)~特殊潜入班~】を手短にご紹介

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:83点(おすすめ)

ズバッと内容:神戸はかなりやばい!

 DIVERは2020年夏、フジ系、毎週火曜夜9時に放送。主演は福士蒼汰さんです。警察では本当の悪に勝てない!?悪には悪で対抗する。命がけの潜入捜査が悪を滅ぼす。潜入捜査するD班は警察組織ではありません。

スポンサーリンク

感想

第1話

潜入捜査って違法だったんですね。これまで多くのドラマを見てきたのですが初めて知りました。だから、潜入するのは警察官ではない黒沢兵悟(福士蒼汰)なんですね。

舞台は兵庫県神戸市の海沿いで、兵悟が指を落とす場面はハラハラドキドキで、とても怖かったですね。神戸と言えばヤクザなのでしょうか。画面も少し暗めで神戸の闇が上手く演出されていました。

兵悟と伊達(安藤政信)はあまり仲が良くないようで、何度も衝突してましたが、ここに曽根村(野村周平)が加わるという事で、これからどんな展開が待っているのか楽しみです。

せっかく兵庫が舞台なので、神戸以外も見たいです。兵庫県の方には必見のドラマです。

全話を見終えて

短い!新型コロナウイルスの影響で仕方がないのですが、たった5話しかなかったのがとても残念です。兵庫県を舞台に悪を絶対に許さない兵悟の活躍がもっと見たかった。

潜入捜査って命がけです。兵悟の過去にこんな事があったなんて・・・。

兵悟も人の犠牲の上に立っていたんですね。兵悟の悪を許さない信念は岡本(寺脇康文)の最後の言葉を忠実に守っていたからなんですね。

宮永や皆本のD班に入った経緯や活躍がもっと見たかったなぁ。

神戸の街も裏を見ればちょっと怖いかも・・・。

相関図

登場人物

黒沢兵悟 – 福士蒼汰

黒沢兵悟(くろさわ・ひょうご)はかつては窃盗や暴力事件の常習犯だったが、高い能力が阿久津の目に留まりD班に入ります。悪を駆逐するためには手段を選ばない凶悪性を持ちます。

福士蒼汰さんの関連記事

佐根村将 – 野村周平

佐根村将(さねむら・しょう)は元海上自衛隊員で、エリートコースを歩んでいたが、阿久津の紹介を受けてD班に加入します。ある真相を追いかけている。

野村周平さんの関連記事

伊達直哉 – 安藤政信

伊達直哉(だて・なおや)は兵庫県警・組織犯罪対策課兼D班班長です。署の中で阿久津以外で唯一D班の存在を知っています。
安藤政信さんの関連記事
 

阿久津洋子 – りょう

阿久津洋子(あくつ・ようこ)は兵庫県警本部長で、県警のトップに立ちながらも極秘にD班を動かし機密情報を得ています。

内容

第1話

かつて窃盗や暴力事件の常習犯だった黒沢兵悟(福士蒼汰)は、警察も手を焼くほどの高いIQと判断力、身体能力が認められ、兵庫県警本部長の阿久津洋子(りょう)のもと、秘密裏に結成された潜入捜査官チーム、通称“D班”の一員に。その任務は、暴力団や詐欺集団など、さまざまな犯罪組織に潜入して情報や犯罪の証拠をつかむこと。

兵悟は、組織犯罪対策課で捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)、闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)、ホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)らD班のメンバーとともに、多少の犠牲はいとわない、冷酷非道ともいえるやり方で、悪の根源を駆逐すべく、常に命の危険と隣り合わせの潜入捜査を行う。

このところ、兵庫県警の管轄内では、年間被害総額390億円ともいわれる特殊詐欺が多発していた。兵悟は、事件に何らかの形で関与していると思われる闇金会社に潜入。組織の実態をつかむため、闇金会社の社長の海藤武史(杉本哲太)に接触するが……。

その頃、阿久津のもとには、幼い頃から成績優秀、文武両道で防衛大学を首席で卒業し、海上自衛官としてエリートコースを歩んできた佐根村将(野村周平)が訪ねてくる。阿久津からD班に誘われていた将は、ある真相をつかむために自衛官を辞める決意を固める。

公式HP引用:https://www.ktv.jp/diver/story/

ネタバレ

闇金会社・三ノ宮ファイナンスの社長・海藤から、兵悟は表向きは超一流企業・VINAXの柏田社長を紹介してもらいます。しかし、VINAXでは三ノ宮ファイナンスより大きな額を動かす詐欺を働いています。

兵悟は柏田のパソコンで金の動きのデータを見ると、金があるところに送金されている事に気づきます。兵悟は伊達にVINAXをガサ入れさせると、その場にいた兵悟は逃げ出して、海藤のところへ行きます。

兵悟が海藤に柏田が捕まったことを話すと、海藤は本当のボスは自分だと話して、兵悟に一緒に組織を立て直そうと持ち掛けます。しかし、兵悟は海藤の隙をついて、金庫から大金を盗み出して逃走します。

海藤はその時、ちょうどやってきた伊達たち刑事に捕まります。海藤の逮捕のニュースが流れますが、証拠不十分で海藤は釈放されます。

しかし、海藤は釈放直後に殺されます。伊達は海藤は口封じのために海藤を使って不当に儲けていた投資家たちによって殺されたのではないかと推測して、それを予測して兵悟は証拠となる金を盗んだのではないかと、兵悟に詰め寄ります。しかし、兵悟は何も言いません。

兵悟は海藤から盗んだ金を海藤の被害にあった人たちに返していました。

第5話(最終回)

リトレイド貿易の渡辺(戸田昌宏)の密輸取引現場にて、警察に身柄を拘束された兵悟(福士蒼汰)。警察の取り調べで阿久津(りょう)と面会した兵悟は、今回の一件が、かねてから阿久津を快く思っていなかった遠藤(小市慢太郎)の仕業だと知る。遠藤はD班の存在をあぶり出し、数々の功績を上げる阿久津をつぶそうと考えたのだ。

その翌日、兵悟は警視庁への移送中に護送車から脱走。身を隠しながら反撃のチャンスをうかがっていると、テロ騒動の発端となった爆発事件の犯人について、あることに気付く—。

兵悟からメッセージを受け取った伊達(安藤政信)は、兵悟が遠藤に反撃するつもりだと直感。しかし、兵悟が遠藤を狙う理由はほかにもあって…!?

警察組織の一新をもくろむ阿久津を突き動かす過去の惨劇、兵悟と阿久津をつなぐ謎の男の正体、さらに、将(野村周平)の知られざる過去とは!?

D班発足の裏に隠された真実—、ついにその全貌が明らかに!
出典:DIVER 公式HP

ネタバレ

脱走した兵悟を公表せずに追う兵庫県警。兵悟はロッカーに隠していた現金と銃を手にして逃走しながら自分を陥れた者を探す。

兵悟は過去に岡本と潜入捜査していたとき、遠藤によって敵に情報をばらされ岡本は兵悟を守るために殺された。

今回の日米安全保障会議の警備を担当するのは遠藤。遠藤に復讐しようとする兵悟を止めるために伊達らD班も動く。

真下の防犯カメラ映像は偽物だった事がわかり、兵悟が電話で阿久津を問い詰めると阿久津は動揺する。今回の一件は全ては阿久津が遠藤を殺すために仕向けたテロ騒動だった。

会議の建物の地下では、ガスマスクの男が空調を使って毒ガスを撒こうとしていたが、兵悟がやってきて阻止する。

ガスマスクの男が遠藤の命を奪おうとすると、兵悟が阻止しようとするが、ガスマスクの男に倒される。

ガスマスクの男が遠藤を追いかけ、命を奪おうとした時、再び兵悟が現れて、ガスマスクの男に話しかける。

ガスマスクの男は佐根村だった。全ては阿久津と佐根村が仕組んでいた。佐根村はジイソプロピルアミンでVXガスも作っていた。

佐根村の正体は岡本将、遠藤によって殺された岡本の息子だった。

兵悟は岡本を撃ったのは自分だったことを将に告げると、将は兵悟の脇腹を撃つ。兵悟は自分のミスで岡本を殺したと話す。

佐根村は叫びながら兵悟の頭をそらして銃を撃つと、兵悟は車に乗って去る。

夜、兵悟は撃たれた体で阿久津と波止場で会う。

阿久津は兵悟が岡本を撃ったことを知っていたが、本当は兵悟を守るために岡本は自分で自分を撃っていた。しかし、兵悟は真実は言わない。

岡本が死ぬ間際に兵悟に「悪を断て」と話していた。

阿久津は自分の理想を話したあと、兵悟を撃ち、兵悟は海に落ちる。

<一年後>

阿久津は警視庁に戻り、兵悟は伊達や佐根村とともに潜入捜査を続けている。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は福士蒼汰、野村周平、片瀬那奈、浜野謙太、正門良規、中山義紘、正名僕蔵、りょう、安藤政信です。

出演者の登場作品

出演者の関連記事

この人もライダー出演者!

【DIVER】を見るならFODがおすすめ

・フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!

・動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!

・毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイントプレゼント)キャンペーン実施中!

フジ系ドラマを中心に楽しみたいなら、FODがおすすめです。

FODプレミアム

詳しくはこちらでも紹介しています。 FODをもう少し知りたい

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました