【劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer】を手短にご紹介

見てほしい(90点以上)

評価:93点(見てほしい)

ズバッと内容:平成ライダーは1冊に収まらない!

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』は2019年7月に東映系で公開されました。

平成を駆け抜けた仮面ライダーたちが大集合。歴史の魔王・織田信長や、ノリダーの木梨猛も登場して平成最後のお祭りだ!やっぱり平成はおもちゃ箱じゃないとね。

スポンサーリンク

仮面ライダージオウの本編はこれだ!

【仮面ライダージオウ】を手短にご紹介
評価:93点(見てほしい)、ズバッと内容:平成仮面ライダーが次々に登場!主人公は奥野壮さんが演じる常磐ソウゴですが、他にも押田岳さん、渡邊圭祐さんもライダーとして登場します。過去の作品と同じ出演者が出てきた時には感慨にふけってしまいます。平成仮面ライダーの歴史を感じる作品です。

ストーリー

織田&徳川vs武田の長篠の戦(1575年)の屏風に突然現れた仮面ライダーゲイツとロボットがニュースで流れると、ニュースを面影堂で見ていたソウゴ(奥野壮)達のテレビに仮面ライダードライブを生み出したクリム・スタインベルト(クリス・ペプラー)が映し出されます。

クリムはソウゴ達にクリムの屋敷跡に行くように頼むと、ソウゴとゲイツはそこで十字架を見つけて詩島剛(稲葉友)と出会います。しかし、その十字架は何者かによって奪われ、しばらくするとクリムのデータがすべて消去されます。

剛はソウゴ達に歴史を戻すように頼むと、ソウゴとゲイツ(押田岳)、ウォズ(渡邊圭祐)、ツクヨミ(大幡しえり)は1575年に行きます。敵はクリムの先祖を殺すことでクリムを消滅させていました。

ソウゴ達はそれを阻止すべく、信長が夢中になっている女性で、クリムの先祖でもあるクララ・スタインベルト(蒼葉える)を助けます。

敵に襲われながらもソウゴ達に助けられて、クララは探していた恋人・ピエトロ(Caleb Bryant)に会うと信長の恋は終わりますが、信長はクララからお礼として鉄砲3000丁をもらって、長篠の戦を勝ちます。

現代に戻ったソウゴ達は剛とクリムからライダーウォッチを貰うと、ウォズがすべてのライダーウォッチを盗んで、本当の魔王である常盤SOUGO(ISSA)と歴史の管理者クォーツァーが現れます。

SOUGOはソウゴの事を自分の影武者だと話します。SOUGOは歴史で自分が殺されることを防ぐために、自分の替え玉を作っていましたが、その替え玉がソウゴでした。

SOUGOはすべてのライドウォッチをソウゴに集めさせて、いろんな仮面ライダーが存在する凸凹の平成ライダーの力をすべて集約して平成をもう一度奇麗にやり直そうと企んでいます。

ソウゴはSOUGOに捕らえられて牢屋に閉じ込められて、王様になることを諦めようとしますが、隣の牢屋にいた木梨猛(木梨憲武)に励まされて、もう一度SOUGOと戦う事を決意します。

そこへ剛が助けにやってくると、ソウゴは一度は裏切ったウォズも味方になってSOUGOやクォーツァーたちと戦います。

SOUGOは地球ごと平成を抹消するために平成生まれの人や建物を宇宙に開いたホールに吸い込ませていましたが、ソウゴは仮面ライダージオウ オーマフォームとなって戦います。

ソウゴは平成ライダーの力も借りてSOUGOが変身する仮面ライダーバールクスやクォーツァーを倒すと平和な世界が戻ります。

特別ゲスト

常磐SOUGO – ISSA

ISSAさんは仮面ライダーバールクスに変身する常磐SOUGOを演じます。SOUGOは歴史を管理するクォーツァーとともに多岐に及ぶ平成ライダーの歴史を奇麗にやり直そうとします。

ちなみに、クォーツァーのメンバーはDA PUMPの皆さん(YORI、TOMO、KIMI、U-YEAH、KENZO、DAICHI)です。

木梨猛 – 木梨憲武

木梨憲武さんは「ぶっとばすぞ~」のセリフで登場して、牢屋に閉じ込められて往査になることを諦めようとしていた常磐ソウゴを励まします。

カゲン – パパイヤ鈴木

パパイヤ鈴木さんは常磐SOUGOの手下である仮面ライダーゾンジズに変身するカゲンを演じます。中ボスクラスです。

 

織田信長 – 前野朋哉

前野朋哉さんは織田信長を演じます。とは言え、歴史の魔王と呼ばれるには程遠い頼りない信長です。

牛三 – 若林時英

若林時英さんは織田信長に仕える家臣忍者の牛三を演じます。牛三は信長の自伝を書いていて、後に頼りない信長を魔王的存在に仕立て上げた張本人です。
若林時英の関連記事

まとめ

前半は1575年の織田信長の”長篠の戦”が舞台でしたが、戦いより信長の意外な一面に驚きです!信長は戦いよりクララを追いかける事の方が大切で、クララを優先してあっさりゲイツに影武者をやらせてました。

歴史上の人物についていろいろ言い伝えられますが、見た人はいなく、書かれた人の意思が盛り込まれている事には要注意ですね。意外とこの説もあっているかも。

案外、信長は普通の人だったのかもしれませんね。

後半に入ると、平成ライダーがたくさん出てきてライダー祭りの様相がとても賑やかで見応え十分です。ソウゴは本当の魔王の影武者だったのでしょうか?

平成生まれの人や建物が宇宙に吸い込まれていく場面では昭和の人は全然平気で、これも滑稽でした。当然戦国時代から来た牛三も全く平気。東京タワーも大丈夫ですが、子供たちやスカイツリーは吸い込まれていきます。

いろんことがあった平成ですが、個性豊かなライダーたちが作り上げてきた歴史をなかったことにするのは止めた方が良いようです。

作り直しても、奇麗な歴史にはならないのかもしれませんね。

【仮面ライダージオウ】を手短にご紹介
評価:93点(見てほしい)、ズバッと内容:平成仮面ライダーが次々に登場!主人公は奥野壮さんが演じる常磐ソウゴですが、他にも押田岳さん、渡邊圭祐さんもライダーとして登場します。過去の作品と同じ出演者が出てきた時には感慨にふけってしまいます。平成仮面ライダーの歴史を感じる作品です。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐、稲葉友、クリス・ペプラー、前野朋哉、若林時英、ISSA、蒼葉える、Caleb Bryant、永島敬三、今吉祥子、高木波瑠、木梨憲武、斉藤秀翼、パパイヤ鈴木、生瀬勝久です。
出演者の関連記事
 

仮面ライダーを見るならアマゾンプライムがお得!

500円/月、年契約なら4,900円/年(409円/月)で、仮面ライダーが見放題!他にも映画やドラマも見れます。

30日間の無料期間もあります。

スマホでもパソコンでも見れます。 コストパフォーマンスは抜群です!

Amazonプライム・ビデオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました