【猫】を手短にご紹介

評価中

おすすめ度:評価中

ズバッと内容:いつ終わる(死ぬ)のか分からない恋

 猫は2020年秋、テレビ東京系、毎週金曜深夜0時52分に放送。主演は小西桜子さんと前田旺志郎さんです。余命を過ぎたみねこ(小西桜子)と、彼女を好きになってしまった光司(前田旺志郎)の素朴な恋物語。

スポンサーリンク

感想

現在放送中なので、第1話を見た感想のみとなります。

第1話

偶然の出会いから始まり、トントン拍子で、みねこ(小西桜子)と一緒に住むことになった光司(前田旺志郎)ですが、気がつけばみねこを好きになっていました。

でも条件付きです。

  • バス停までの送り迎え
  • 夕食を一緒に食べる
  • 一緒に帰る
  • 朝目が覚めてみねこが死んでいたらみねこの知人に連絡する事

まあ、自然の流れですね。そりゃ、好きになるやろ。

小西桜子さんのような人が自分の事を”ぼく”と言うのは違和感があるが、慣れらばいいものだ。

でも、最後の泣きながら鼻水二本流しは私は苦手です。ちなみにドラマの中にあった食事の時のうんこの話も苦手です。

みねこは余命が過ぎていますが、いつまで生きられるんだろう?これから悲劇が待っているのかな。

素朴なドラマが始まりました。

 

登場人物

金子みねこ – 小西桜子

金子みねこ(かねこ・みねこ)はペットのトリミングサロンで働いている23歳。大の猫好きだが猫アレルギーを持っており、猫と接するとくしゃみが出る。

また、脳に腫瘍があり余命宣告を受けていて、その日は過ぎている。みねこは自分の事を”ぼく”と呼ぶ。

天音光司 – 前田旺志郎

天音光司(あまね・こうじ)は親に内緒で大学を辞めてしまい、家を追い出された20歳のフリーター。
特にやりたいことがなく、その日暮らしでふらふらと生きている。

みねこに頼まれて、年上のみねこにため口で、名前を呼び捨てにすることになる。

内容

第1話

その日暮らしでふらふらと過ごす天音光司(前田旺志郎)は、くしゃみをしながら猫を抱く金子みねこ(小西桜子)に出会う。みねこから「病気で余命宣告を受けていて、いつ死んでもおかしくない」と突然告げられ、条件付きの同居生活も提案された光司。動揺するものの、行き場のない光司はそのままみねこの家に住むようになる。バス停までの送り迎え、いつもの道を歩く2人は他愛もない会話をしながらお互いを知っていくようになり…。
出典: 公式HP

ネタバレ

同居をする条件

  • バス停までの送り迎え
  • 夕食を一緒に食べる
  • 一緒に帰る
  • 朝目が覚めてみねこが死んでいたらみねこの知人に連絡する事

みねこは魚屋の三吉ひろし(渋川清彦)に光司を彼氏として紹介する。みねこは死ぬことが分かっていると平気で嘘がつけると話すと、光司に怒られて訂正しに戻る。

しかし、光司はみねこのことを好きになっていた。

海で、光司がみねこに告白すると、みねこは光司に「もう家に来ないで」と別れようとする。

後ろを向き涙ぐむみねこに光司が気持ちを伝えると、みねこは誰にも迷惑をかけずに死にたかったと話す。

光司に巻き込んで申し訳ないと泣きながら振り向くと、光司はみねこを抱きしめる。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は小西桜子、前田旺志郎、酒井若菜、吉沢悠、渋川清彦、石田ひかりです。

出演者の登場作品

出演者の関連記事

【猫】を見るならParaviがおすすめ

・Paravi(パラビ)はTBS、テレビ東京、WOWWOWに強い!

・月額1,017円(税込み)で見放題です。

・毎月課金日にParaviチケット1枚もらえて、550円以下のコンテンツを見ることが出来ます。

・はじめの2週間は無料です。

TBS系、テレビ東京のドラマを中心に楽しみたいなら、Paraviがおすすめです。特にテレビ東京が見れない方にはお勧めです。

Paraviの公式HPはこちらです。

評価中2020秋2020年
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
drmをフォローする
2分でドラマ紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました