【家族ゲーム 櫻井翔版】を手短にご紹介

おすすめ(80~89点)

おすすめ度:88点(おすすめ)

ズバッと内容:家庭教師が家族をスクラップ&ビルド

 家族ゲーム 櫻井翔版は2013年春、フジ系で放送。主演は櫻井翔さんです。過去にも多くの俳優さんが演じていますが、今回は櫻井翔さんが主演です。

家族の崩壊ぶりが見事で目が離せません!こんなに無茶苦茶になるの?と目を疑うほどの崩壊ぶり。

スポンサーリンク

感想

田子雄大(櫻井翔)が最低最悪教師の吉本荒野を名乗って沼田家を崩壊させる過程が凄い!

全てが荒野の計画通りだったのか、それとも荒野はきっかけを与えただけで、沼田家はあそこまで崩壊したのか。

全く境目がない!

最後の最後で、田子雄大の過去の話も怪しくなり、さらに何が本当なのかわからなくなる結末。全部作り話だったの?

でも、沼田家は家族がバラバラだった裕福な暮らしから、家族に絆が出来た質素な暮らしになり、未来の吉本荒野や真田宗太が生まれることはなくなった。

う~ん、やっぱり田子雄大は本当に悪の芽を摘む家庭教師なのかな。はっきりしない最後でしたが、良いドラマでした。

これはおすすめですね。

登場人物

吉本荒野(田子雄大) – 櫻井翔

吉本荒野を名乗る田子雄大(たご・ゆうだい)は教師時代に吉本にいじめられて自殺した生徒・真田宗太の担任でした。第二の吉本荒野や真田宗太を生み出さないために家庭教師をしています。

今回のターゲットは沼田家。吉本荒野になりそうな長男・慎一と真田宗太になりそうな次男・茂之を救うために沼田家にやってきました。

吉本荒野を名乗る理由はドラマ終盤で明らかに!

沼田慎一 – 神木隆之介

沼田慎一(ぬまた・しんいち)は沼田家の長男で有名進学校・成邦館高校2年生です。挫折を知らず、このままいけば人を人と思わない吉本荒野のようになりそう。

沼田茂之 – 浦上晟周

沼田茂之(ぬまた・しげゆき)は沼田家の次男で中学3年生のいじめられっ子で、引きこもりになった。このままいけば自殺した真田宗太になりそう。

浦上晟周さんの関連記事

沼田一茂 – 板尾創路

沼田一茂(ぬまた・かずしげ)は沼田家の父で仕事ばかりで家族のことはほったらかしだが、その自覚はない。過去には会社の金を横領したこともある。

沼田佳代子 – 鈴木保奈美

沼田佳代子(ぬまた・かよこ)は沼田家の母で、裕福な家庭で育ち、世間体ばかり気にする世間知らず。最近、ネット株売買を覚え始めた。

吉本荒野 – 忍成修吾

吉本荒野(よしもと・こうや)は教師時代に悪行を重ね、いじめていた生徒に階段から突き落とされて寝たきりになっている。

どれだけ卑劣なことをしていたのかはドラマ終盤に明らかになる!

内容

吉本荒野を名乗る田子雄大が沼田家を救うために沼田家を崩壊させる物凄い展開!

いじめられっ子の次男・茂之、挫折を知らない長男・慎一、世間知らずの母親・佳代子、家庭を顧みない父・一茂と、見事な家族構成。

こんな家族から、田子の忌まわしい記憶にある第二の吉本荒野と真田宗太を生み出さないために田子は沼田家を崩壊させる。

茂之はいじめる側になり、慎一は進学校を止め、佳代子は株で大損し、一茂は横領で会社を首になる。

家族は言いたいことを言い合って、皿を割り、テレビを壊し、壁を壊し、床にペンキで落書きをして家を無茶苦茶にします。

田子によってバラバラになった沼田家でしたが、ボロボロになって気づいて、家を売り、一からやり直す。

沼田家が1つになった。

5月26日、慎一は宗太の命日に雄大が自殺した止まぐ屋へ行くと、雄大と再会する。

一番危険人物だった慎一は雄大に殴りかかる。

慎一は雄大が吉本になり代わって、自分を殺していたことに怒りを感じ、雄大のせいですべてを失い、家族が壊れた事、家族に絆が生まれた事を告げ、最後に「ありがとうございました」と頭を下げる。

雄大は慎一の言葉に田子雄大として微笑む。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は櫻井翔、神木隆之介、浦上晟周、板尾創路、鈴木保奈美、忍成修吾、佐藤直子、吉井一肇、忽那汐里、恒松祐里、北原里英です。

出演者の登場作品

この人もライダー出演者!

コメント

タイトルとURLをコピーしました