【ラッキーセブン】を手短にご紹介

見てほしい(90点以上)

おすすめ度:95点(見てほしい)

ズバッと内容:ボケとツッコミと格闘の探偵事務所!

 ラッキーセブンは2012年冬、フジ系、毎週月曜夜9時に放送。主演は松本潤さんです。笑いと格闘の探偵事務所に7人の強者たちが集合!大切な仲間と警察組織の中では出来ないことが自由にできる!

どんなことでもラッキー探偵事務所にご依頼を!

スポンサーリンク

感想

格闘での回し蹴りが印象的なドラマでした。拳より足です!

松本潤さんと瑛太さんの回し蹴りが多いのですが、最終回では松嶋菜々子さんも回し蹴り!

さすがに大泉洋さんには無理なので、大泉洋さんは自虐ボケまくり!!突っ込んでくれることを期待してボケまくり、オチない話はない!

淳平がスマホの登録名を筑紫さんをザビエルとしていたのにも笑いましたが、それにへそを曲げた筑紫さんもいいですね。

でっ、結局、淳平は筑紫さんを徳川家康にして、筑紫さんもご満悦。

こんな小話ばかりが続く探偵事務所。アクション&クスっと笑いたいならこのドラマで決まりでしょう!

登場人物

時多俊太郎 – 松本潤

時多俊太郎(ときた・しゅんたろう)は特に何もすることがないフリーターでしたが、瞳子に誘われてラッキー探偵事務所に入る。

身体能力は高く、輝も一目を置く。人妻と不倫していたが、その人妻をラッキー探偵事務所が調査していたところからラッキー事務所と接点が出来きて引き抜かれた。

女性にモテるのが特技で、それは探偵業にも大いに活かされる。

 

新田輝 – 永山瑛太

新田輝(にった・てる)は実家は金持ちで、高い学力と抜群の格闘のセンスを持つ。秘かに瞳子の父が自殺したとされた事件を追っている。

俊太郎とは犬猿の仲だが実は信頼し合っている。

水野飛鳥 – 仲里依紗

水野飛鳥(みずの・あすか)は探偵事務所唯一の女探偵、サバサバした性格で、俊太郎や淳平のボケにツッコミを入れる。

 

 

旭淳平 – 大泉洋

旭淳平(あさひ・じゅんぺい)は8年前にラッキー探偵事務所に入って、輝、飛鳥、駿太郎をまとめる役割をしながらも、ボケ発言が多く、みんなからツッコまれるが、それを楽しんでいる。

人生経験も多く?頼りになる?先輩探偵ですが、女性にはモテません!

筑紫昌義 – 角野卓造

筑紫昌義(つくし・まさよし)はラッキー探偵事務所の経理、労務など事務全般担当です。瞳子とともにラッキー探偵事務所を創立した人物。

瞳子の次に指揮権を持つち、たまに調査に参加する。実は元刑事で16年前の瞳子の父の自殺(事件)の担当者だった。

茅野メイ – 入来茉里

茅野メイ(かやの・めい)はハッキング担当で、輝たちを陰ながら応援する。オタクっぽく、物静かだが、事務所内での会話には鋭さがあり、ツッコミ役である。

藤崎瞳子 – 松嶋菜々子

藤崎瞳子(ふじさき・とうこ)は16年前の父の死の真相を探るためにラッキー探偵事務所を創立したが、その事は筑紫以外知らない。

美しく、カリスマ性のある女性ですが、格闘にも心得があり、たまに、強烈な回し蹴りをみせる。

松嶋菜々子さんの関連記事

内容

藤崎瞳子は16年前の父の死の真相を調査するためにラッキー探偵事務所を立ち上げたが、その事は筑紫しか知らない。

そんな状況で、社員が増えて、瞳子を入れて7人となる。

ボケとツッコミと日常茶飯事で、敵と格闘することがやたらと多い。

そんな中で、犬探しから、浮気調査、真面目な調査依頼などさまざまな仕事を引き受けます。そして物語は16年前の瞳子の父の死の真相に迫ります。

すべてを明らかにしたあとも、いつもと変わらないボケやツッコミで楽しい仲間たちがいる探偵事務所となります。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は松本潤、永山瑛太、仲里依紗、谷原章介、吹石一恵、金田明夫、入来茉里、小山慶一郎、岡江久美子、角野卓造、大泉洋、松嶋菜々子です。

出演者の登場作品

この人もライダー出演者!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました