【おトメさん】を手短にご紹介

見てほしい(90点以上)

おすすめ度:95点

ズバッと内容:怪しげな嫁が家を斬る!

 おトメさんは2013年冬、テレ朝系、毎週木曜夜9時に放送。主演は黒木瞳さんです。姑は”しゅうとめ”というのは昔の話しで、”とめ”に”お”を付けて、”おトメさん”といいます。

と言っても、嫁と姑の関係は今も昔も変わりません。家の中での争い?は終わることがありません。水沢家も例外ではなく、混とんとした家族に嵐が吹き荒れます!

スポンサーリンク

感想

嫁姑の戦いは古来からあると言われています。

ですが、”おトメさん”と言われると、どこかかわいらしい。この言い方はいいですが、中身は変わらず、ギクシャクしているようです。

なぜ?と疑問符が頭に浮かびますが、男性はそこにはあまり立ち入らない主義のようで、このドラマに登場する男たちも同じようです。

麻子(黒木瞳)vs李里香(相武紗季)が注目されたこのドラマですが、一番歯がゆかった優太にイライラしましたね。

優しいだけの優太、いろんなことが起きて上手く考えられない甘えん坊の優太、情けない優太・・・、終盤になると、しっかりしろよ優太!と怒りがこみ上げてきます。

でも優太の性格は麻子と博行(石田純一)によって作られたもの、両親の悪いところをしっかり受け継いでいるようにも見えます。

そんな水沢家を作ったのは?と考えると、仏壇に写真があって、麻子の耐える姿勢にイライラしていた麻子の姑の正江(高田敏江)となるのかもしれない。

いずれにしても、ハッキリしない水沢家にハッキリいう李里香が入ってくると、そりゃ、上手くいかんわ!となりますよね。

不幸な生い立ちの李里香が優太の優しさに惹かれるのは分かります。

結果、水沢家は李里香によってまとまられるのだから、人のつながりというのは上手くできているもんだ。

それにしても、博行の女関係は麻子vs李里香の戦いの影に隠れたので、博行は助かったのではないでしょうか。

これも李里香のおかげかな。

登場人物

水沢麻子 – 黒木瞳

水沢麻子(みずさわ・あさこ)は25年前、博行と結婚して水沢家に嫁いできました。2年前に姑が亡くなりましたが、姑からは執拗に嫌がらさせを受けてきて、ずっと辛抱してきました。

そして、この度、一人息子の契約社員の優太が李理香と結婚することになり、同居を条件に優太と李里香の結婚を認めた事から李里香と同棲することになり、今度は自分が姑の立場となります。

李里香には自分の事を姑ではなく”おトメさん”と呼んでね。とはじめに自己紹介します。

性格はしっかりしているようで、事流れ主義的で、言いたいことをあまり口に出さず、耐える事が嫁のやるべきことだと考えがち。

水沢李里香 – 相武紗季

水沢李里香(みずさわ・りりか)は優太と知り合って優太と結婚することを決意。麻子には優太と付き合って1年といいますが、実は付き合い始めて2ヶ月。

優太には自分の過去をあまり知らせずに結婚しますが、この事が麻子に徐々にバレていきます。

サバサバした性格で麻子と言い合いをすること限りなし!しかし、誰よりも水沢家の事を考えています。

水沢優太 – 郭智博

水沢優太(みずさわ・ゆうた)は李里子と結婚して両親と同居。心から李里香を愛していますが、優柔不断で決断が出来ないマザコン性格です。

李里香の過去を知るたびにどうしていいのか分からず、直ぐに行動に移せない。

水沢博行 – 石田純一

水沢博行(みずさわ・ひろゆき)はキリマンジャロ映画の宣伝部部長です。過去に不倫をしたこともあり、麻子も知っています。

今でも、女性関係には怪しいところがあり、取引先でも金銭に纏わるつながりがるようです。

麻子と実母の嫁姑の争いには関わらない主義だった。基本的には完全なること流れ主義。その場を乗り切れれば・・・。と無意識に思ってしまう性格です。

 

内容

25年前に水沢家に嫁いできた麻子(黒木瞳)は、2年前に亡くなった姑・正江(高田敏江)とは上手く関係が作れずに苦しみました。

そして今、一人息子の優太(郭智博)の嫁として李里香(相武紗季)が水沢家にやってきて、今度は麻子が姑の立場となりますが、麻子は言いたいことをはっきり言う李里香を受け入れられません。

麻子は李里香の不審な行動から李里香を疑い始め、過去を調べていくうちに、李里香がキャバクラで働いていた事、失踪して刑事が捜索している福本章介(市川勇)との接点があることに気づきます。

麻子は李里香と対峙しながら、李里香への不安を募らせますが、時折、李里香の事を信用したくなる気持ちにもかられます。

そして、物語は進み、李里香の元へ失踪していた福本が姿を現せ、水沢家に立てこもります。

李里香は一緒に死のうと麻子を人質にとった福本に脅されますが、水沢家の事を気にしていた呉竹刑事(大地康雄)に助けられ、これを機に麻子は李里香を完全に信用します。

一件落着したと思われた嫁姑の戦いでしたが、麻子が実は・・・。と2年前に麻子の姑・正江が倒れた時にわざと助けなかったことを家族に告白して、警察に出頭します。

麻子は罪に問われることはなかったのですが、罪の意識から家を出ます。李里香は麻子を家に連れ戻そうとしますが、博行や優太はグダグダ考えて、言い訳ばかりして行動しません。

それでも、李里香はやっと見つけた家族のために激怒して水沢家に活を入れて、一家をまとめます。

最後は麻子が帰ってきて涙を流しながら文句の言い合いをして言いたいことが言える家族を目指します。

主な出演者

主な出演者(敬称略)は黒木瞳、相武紗季、郭智博、大地康雄、鈴木砂羽、石田純一、大浦龍宇一、冨士眞奈美、臼田あさ美、神保悟志、奈美悦子、渋川清彦です。

出演者の登場作品

この人もライダー出演者!

コメント

タイトルとURLをコピーしました