2019冬

見てほしい(90点以上)

【3年A組-今から皆さんは、人質です-】を手短にご紹介

おすすめ度:100点(見てほしい)、ズバッと内容:先生が校舎爆発!生徒が人質に!SNS社会に一石を投じる先生。主演は菅田将暉さんです。いつも穏やかな美術の先生が校舎を爆発して生徒を人質に、ある事件の真相を探る。敵は誰なのか。誰が悪いのか?意外な結末に、えっ!始めは人質となった生徒は柊の行動に恐怖を感じていましたが、柊からの課題の答えを考えていくうちに、柊に賛同し自らの意志で人質となりました。その事は柊は生徒のためにマインドボイスでは伝えていません。 警察が校内に侵入してきたときも、正義のヒーロー・ガルムフェニックスが登場するなど、柊には協力者がいました。
見てほしい(90点以上)

【グッドワイフ】を手短にご紹介

おすすめ度:90点(見てほしい)、ズバッと内容:拘留中の夫が凄すぎ!妻は16年ぶりに弁護士に復帰。主演は常盤貴子さんです。夫の不倫疑惑、さらに横領疑惑で逮捕。妻は家族のために弁護士に復帰しする。妻は夫を信じることが出来るのか!?東京地検特捜部長だった蓮見壮一郎は官房副長官の南原次郎の汚職事件を追いかけていた。しかし、壮一郎は逆に収賄疑惑にはめられ、容疑者となります。さらに遠山亜紀との不倫疑惑が発覚して、妻の蓮見京子からも突き放されます。
おすすめ(80~89点)

【絶対正義 -その女正しすぎる-】を手短にご紹介

おすすめ度:80点(おすすめ)、ズバッと内容:正義が正義でないドラマ。主演は山口沙弥加さんです。ルールを守ることが絶対に正しい。と言われればその通りですが・・・・。ちょっと違うような気がするドラマです。最後の母子の正義対決は見もの。由美子は夫との不仲そして、離婚、子供の親権争い。理恵は会社の不正会計、不妊治療。麗香は不倫。和樹は本の出版。それぞれの中に、正義と悪が混在しますが、範子は悪を排除します。友達を助けようとする範子ですが、小さな悪も絶対に許しません。「範子の正義は人をも殺す。」と和樹は言います。範子は4人から嫌がられていきます。
スポンサーリンク
まあまあ(70~79点)

【さくらの親子丼2】を手短にご紹介

おすすめ度:73点(まあまあ)、ズバッと内容:大人を信用できない子供たちと親子丼で向き合う。主演は真矢みきさんです。親から虐待された子供や不幸な出来事によって心を閉ざした子供たちに親子丼を食べさせ心を開きます。問題を抱える子供たちを保護する子供シェルター・ハチドリの家に住む8人の子供たちが九十九さくらとともに問題を乗り越えていきます。さくらに反抗する子供や心を閉ざしている子供たちもいますが、まずは腹ごしらえ。さくらが親子丼を食べさせて子供の心に入ります。
見てほしい(90点以上)

【僕の初恋をキミに捧ぐ】を手短にご紹介

おすすめ度:100点(見てほしい)、ズバッと内容:病の壁を乗り越えようとする高校生の初恋物語。主演は野村周平さんと桜井日奈子さんです。子供の頃に結婚を約束した2人でしたが、病を理由に少年は彼女と距離をおきました。そして、高校生になって再会し初恋物語が動き出します。紫堂高校の入学式で、繭が壇上に立ち、逞を驚かせます。みんなの前で、「バカ逞!逃げるな!」が逞と繭の再開となりました。
おすすめ(80~89点)

【イノセンス-冤罪弁護士-】を手短にご紹介

おすすめ度:80点(おすすめ)、ズバッと内容:冤罪が犯罪を生む!スッキリしない結末が冤罪だ。主演は坂口健太郎さんです。現場の再現実験を基に冤罪裁判を受け持つ弁護士の物語です。秋保准教授のサポートは強力で、科学的知見から、検察が提示する多くの証拠を覆します。メディア対応では有馬が全面的にサポート。そして、黒川弁護士の心を支えるのは、和倉弁護士をはじめとする事務所の仲間たち。これら強力なメンバーで黒川弁護士は冤罪阻止に立ち向かます。
おすすめ(80~89点)

【メゾン・ド・ポリス】を手短にご紹介

おすすめ度:85点(おすすめ)、ズバッと内容:新米刑事が個性派警察OBと事件を解決。くせのある警察OBが暮らす家”メゾン・ド・ポリス”。新米刑事がメゾン・ド・ポリスに住む警察OBと事件を解決しながら成長していきます。メゾンドポリスに住む元警察官たちですが、正義感は警察以上です。この正義感で新米刑事の牧野ひよりとともに難解な事件を解決していきます。というのも元警察官たちは捜査はしたいのですが、犯人を逮捕することはできません。犯人逮捕はすべてひよりの役目です。
見てほしい(90点以上)

【人生が楽しくなる幸せの法則】を手短にご紹介

おすすめ度:100点(見てほしい)、ズバッと内容:不幸な3人のOLが幸せになる?主演は夏菜さんです。ちょうどいいブスの神様がちょうどいいブスになれるように指南します。笑いと笑い涙のドラマでした。夏菜の変顔、高橋のロボぶりが面白すぎでした。森の甥っ子が木原に「ロボ」と名付けたのは最高!大ウケ。何てピッタリなんだと大爆笑しました。  最後に、5年後の姿があって、そこでまた、3人ともブスになっていたところがよかったですね。人生はそう簡単にはいかないことを痛感しました。最初から最後まで面白くて、飽きないドラマでした。
まあまあ(70~79点)

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】を手短にご紹介

おすすめ度:70点(まあまあ)、ズバッと内容:スキャンダル被害を最小限にする弁護士。主演は竹内結子さんです。スキャンダルで世間をにぎわせる当事者を守ります。依頼人の立場をどこまで壊すのは作戦のうちです。大事なことは依頼人の落ちた立場をどう修復するかです。気が付けばスキャンダル発生前よりイメージアップしている場合もあります。全て計算しつくして作戦を実行します。一番大事なことは、最後に利益が守れることです。
おすすめ(80~89点)

【ハケン占い師アタル】を手短にご紹介

おすすめ度:80点(おすすめ)、ズバッと内容:悩める人の心を覗いて悩みを解決。主演は杉咲花さんです。占う相手の心の中に入っていく占い師・的場中です。的中率が高そうな名前だ!アタルはどんな仕事を頼まれても「よろこんで!」と笑顔で答え、何かあるたびにスマホで記念撮影する姿はこのドラマの定番です。アタルは人を見て、人の心に入ります。過去の生き方の結果が今です。今、直面している問題の原因は過去にあります。アタルは占う人の過去に入り込んで、問題点や考え方の修正を提案します。
まあまあ(70~79点)

【刑事ゼロ】を手短にご紹介

おすすめ度:75点(まあまあ)、ズバッと内容:刑事としての記憶だけを失った刑事。主演は沢村一樹さんです。凄腕刑事の記憶が失われましたが、事件は結構解決します。武田鉄矢のナレーションで、「20年間の刑事の知識と経験をすべて失うということは、刑事としての死を意味する悲劇だ。」と始まります。事件解決の直前には時矢刑事の頭に「ピー」音が鳴り、謎を解決する思考回路が動き出します。これが記憶を失った時矢刑事の切り札です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました